お役立ち情報

お役立ち情報
New!

ロードバイクの初心者が、意外と知らない事故防止のため気をつける事

ロードバイクを始めて間もない初心者は、ルールやマナー、楽しみ方、運転方法など知識や経験を得て成長していきますね。しかし、初心者が意外と知らない事故防止のため気を付けるべき事をご存じですか。早めに覚えて、自分の経験値を上げていきましょう。
お役立ち情報

ロードイバイクの初心者必見!車道走行時のマナーを覚えよう

近年、ロードバイクで颯爽と走っている景色を良く見かけるようになりました。しかし、一部の心もとない人が車道走行時のマナーを守っていなかったりしますね。初心者の内にマナーをしっかり覚えれば、他のサイクリストと気持ち良く走れるようになります。
お役立ち情報

ロードバイクの基礎知識、初心者が始めに覚えておきたい事

「ロードバイクで颯爽と走りたい」と思い、ロードバイクを始める決意をしたならば、ロードバイクの楽しみ方や選び方など様々な疑問が浮かび上がりますね。そこで、ロードバイクを始める前又は始めたばかりの初心者が、覚えておきたい基礎知識をお伝えします。
お役立ち情報

ロードバイクの入門書、初心者が購入からサイクリングを始めるまで

「ロードバイクを始めてみよう」と決意したのだけど、一体何から始めれば良いのか悩んでいませんか。例えばロードバイクの決め方や始めに買っておくべき装備品など分からないですね。そんな初心者へ、購入からサイクリングを始めるまでについてお話します。
お役立ち情報

自分に合う趣味を見つける方法とは、自転車を趣味にしてみませんか

「何か趣味が欲しい」と思っている人はそれなりに多いのではないでしょうか。趣味を見つける方法は何も難しくなく、あなたの好きな事や興味がある事が趣味になるのです。もし自転車を趣味にするならば、走る以外の趣味を掛け合わせると、より人生が彩ります。
お役立ち情報

美しいロードバイクの造形、ホリゾンタルフレームのメリット

ホリゾンタルフレームのロードバイクを眺めて、その美しい造形に魅了される人も多いですね。現代の主流はスローピングフレームですので、ホリゾンタルフレームを知らない人も多いはず。クラシックなロードバイクに良く似合い、それなりにメリットもあります。
お役立ち情報

自転車の二人乗り、子供を乗せられるのは何歳までか

自転車の二人乗りは違法ですが、条件次第で大丈夫なケースがあります。例えば、母親が小さな子供を自転車に乗せて走っていたりしますね。あれは別に違法ではなく、年齢によっては認められています。それでは、一体何歳までなら大丈夫なのでしょうか。
お役立ち情報

自転車の逆走はなぜ駄目なのか、どうしても減らない理由とは

車道を逆走している自転車を見かけた人は、それなりに多いと思います。実際に私も何度か目撃したことがあり「危ない!」と思ったことは、一度や二度で済みません。そこで、「逆走」が減らない理由と逆走で事故を起こした場合の法的措置についてお伝えします。
お役立ち情報

自転車は車道を走るのが正しい、けれど邪魔物扱いされている

自転車が車道を走ることは、道交法より昔から定められています。しかし、多くの車のドライバーから車道を走る自転車は、邪魔な存在として扱われているのが現実です。どうして邪魔物扱いするのでしょうか。その原因と解決策について考えてみました。
お役立ち情報

自転車で歩道を走って良いケースとは、ルールとマナーを守ろう

自転車に乗っている人で知らない人はいないと思いますが、自転車は車道の左側を走行することが原則です。しかし、条件次第では、歩道を走って良いケースがありますね。歩道を走って良いケースと走る場合のマナーについてまとめてみました。
お役立ち情報

ロードバイクで使うバーテープの交換時期の目安とは

ロードバイクのドロップハンドルに巻いているバーテープですが、交換時期の目安をご存じですか。明確な交換時期と言うのはありませんが、目安として4,000km~5000km走れば、だいぶ汚れが目立ってくるため交換の頃合いと考えて良いと思います。
お役立ち情報

ロードバイクのバーテープの選び方、印象をガラリと変えてみよう

ロードバイクのドロップハンドルには、バーテープを巻いていますね。このバーテープの選び方一つであなたのロードバイクの印象がガラリと変わることをご存じですか。バーテープは、色などのデザインや素材、厚さなどから自分の用途に合った物を選びましょう。
お役立ち情報

ドロップハンドルとフラットバー、どちらが使い勝手が良いのか

ロードバイクの象徴と言えるドロップハンドルとクロスバイクなどに使われるフラットバーハンドルを比べてみると、一体どちらが使い勝手が良いのでしょうか。それぞれのハンドルには利点や欠点がありますので、比較した結果についてまとめてみました。
お役立ち情報

疲労軽減に役立つ、ドロップハンドルの高さと角度調整

ロードバイクで長時間走るためには、自分の体に合ったポジション調整が必要です。求める走り方によって、ドロップハンドルの高さや角度の調整方法は変わってきますし、疲労軽減にも役立ちます。尚、ハンドル下部のエンドバーと地面が水平な角度が基本です。
お役立ち情報

ドロップハンドルでブレーキレバーが握りにくい場合の対処方法

主にロードバイクで使っているドロップハンドルでは、人によってブレーキが握りにくい場合があります。突然こんな話を聞くと驚きますね。そもそも何で指がしっかりとブレーキレバーへ届かないのでしょうか。そんな疑問と対処方法についてお伝えします。
お役立ち情報

ロードバイクのドロップハンドルの種類や素材、正しい選び方

ロードバイクの象徴的な部品と言えばドロップハンドルですね。一言でドロップハンドルと言っても様々な種類があり、形状や素材が違います。自分に合った物を選ばないと、きっと後悔しますので、正しいドロップハンドルの選び方についてお伝えします。
お役立ち情報

決して怖くない、ドロップハンドルの下ハンは恩恵が大きい

ロードバイクのドロップハンドルで下ハンを使っていますか。初心者ほど前傾姿勢がキツイため、余り使っていないですね。下ハンは決して怖くなく、有効に使えばその恩恵は計り知れません。特に急勾配な坂道や長い坂道を下る時は、有難味をヒシヒシ感じます。
お役立ち情報

走りを変えよう、ロードバイクのドロップハンドルの握り方

ロードバイクのドロップハンドルは、多くの握り方できるため、走るシチュエーションにより握り方を変えていきましょう。基本的にブラケットを握って走行しますが、上ハンや下ハンを活用することでライディングフォームが変化し、走り方自体が変わります。
お役立ち情報

今更聞けないドロップハンドルのメリットとデメリットを解説

ロードバイクの象徴的な部品と言えば、ドロップハンドルですね。なぜドロップハンドルを使用しているのかご存じですか。それ以前にドロップハンドルとは一体何物なのでしょうか。今更聞けないドロップハンドルについてメリットとデメリットを含め解説します。
お役立ち情報

ロードバイクのチェーンが外れた場合の直し方と外れる原因とは

ロードバイクのトラブルの中でパンクと並んで多いのがチェーンが外れることですね。チェーンが外れる原因を良く理解していれば、外れる可能性を低くすることは可能です。また、例えチェーンが外れたとしても直し方を知っていれば簡単に直せます。
お役立ち情報

自転車で変速機がないシングルスピードのメリットとデメリット

変速機の無いスポーツ系自転車のことをシングルスピードと言います。このシングルスピードの特徴や用途をご存じですか。変速機が無いことで恩恵を受けている部分がありますね。そこで、シングルスピードのメリットとデメリットについてお伝えします。
お役立ち情報

ロードバイクでアウターローやインナートップが非奨励な理由

ロードバイクやクロスバイクなどでは、変速機を操作してアウターローやインナートップのギア構成、所謂チェーンのたすき掛けの使用は非奨励です。たすき掛けはパワーロスが大きいだけでなく、パーツを余計に消耗させて故障の原因になります。
お役立ち情報

ギアを上手に使おう、自転車の変速機の仕組みと使い方

自転車は変速機を操作してギアを切り替えることで、勾配のある坂道を楽に駆け上れたりできます。なぜそんなことができるのでしょうか。変速機の仕組みをお伝えすることで、そのような疑問も解決です。また、変速機の上手な使い方についてもお伝えします。
お役立ち情報

ママチャリで痛くないサドルの正しい選び方

ママチャリのサドルを自分で選んだことがありますか。ママチャリの運転中にお尻が痛くなるのでしたら、そのサドルはあなたのお尻の骨盤と相性が悪いかも。そんな時はサドルの交換を考えてみましょう。ママチャリで痛くないサドルの選び方をお伝えします。
お役立ち情報

安全重視、ママチャリのサドルの高さを正しく調整しよう

通勤や通学、買い物のお供として日々活躍しているママチャリ。もし購入時からサドルの高さを変えていないのならば、その高さは本当にあなたに取ってベストでしょうか。サドルの高さを安全重視でペダルが漕ぎやすい高さへ正しく調整すれば走り方が変わります。
お役立ち情報

自転車に体重制限はあるの?ロードバイクとママチャリの耐荷重とは

ロードバイクやママチャリなどの自転車は、重量制限があることをご存じですか。特にサドルやシートポストには体重制限があったりしますので注意が必要です。「体重+荷物」の総重量が95kg~120kgならば、自転車の耐荷重内に収まることが多いですね。
お役立ち情報

ママチャリでロングライド?中長距離を走るコツとは

「ママチャリでロングライド?」こんなことを考える人は稀でしょう。本来ママチャリは、長距離を走る自転車ではないのですが、不可能ではありません。ママチャリで中長距離を走るにはコツがあります。お気に入りのママチャリで、遠くへ出かけてみませんか。
お役立ち情報

ママチャリで自転車旅(ツーリング)を漫喫できるのか

自転車で旅に出ることはそれほど珍しい話ではありません。しかし、旅のお供がママチャリならば話は変わってきますね。そもそもママチャリで自転車旅(ツーリング)を漫喫できるのでしょうか。ママチャリで旅へ出るメリットやデメリットについてお伝えします。
お役立ち情報

街乗りで活躍する自転車、クロスバイクとママチャリの違いを解説

街乗りで活躍するクロスバイクとママチャリは、同じ自転車のカテゴリーですが、全くの別物と言って良いでしょう。まずは重量からしてママチャリはクロスバイクの約倍近くあります。両者の様々な違いについて解説し、適材適所で自転車を乗り換えてみましょう。
お役立ち情報

ママチャリで楽にサイクリングを楽しめるコツとは

クロスバイクなどのスポーツ系自転車でなくても、ママチャリでサイクリングを漫喫できます。ママチャリで楽にサイクリングを行なうコツは、サドルのセッティングやペダルの踏み方を変えたり様々ありますね。ママチャリで風を切って走るのは実に面白いです。
タイトルとURLをコピーしました