お役立ち情報

お役立ち情報
New!

走り過ぎに注意!自転車通勤の走行距離の目安を学ぶ

会社などの仕事場へ自転車で通勤している人も多いでしょう。その際、それほど長い距離を走らない人が多そうですね。自転車通勤の走行距離の目安は、ずばり「15km以内」です。仕事に影響が出ては意味がないため、走り過ぎには注意しましょう。
お役立ち情報

自転車旅で一日の走行距離の目安と旅の道中で考慮すべきこと

自転車旅の一日の走行距離の目安をご存じですか。大体自分がサイクリングで無理なく走れる距離の7割以下に抑えて走ると無理なく旅を続けれます。また、旅の道中では考慮すべき点が多々ありますね。例えば、観光スポットへ訪れるのも大事です。
お役立ち情報

自転車のひとり旅では宿泊施設が大事!賢い宿泊先の選び方

自転車でひとり旅を続けて行くためにも宿泊先はとても大事です。もし「ただ寝れれば良い」と思っているのならば、ちょっと待って下さい。旅をより充実させるためにベストな宿泊先を選んだ方が後悔がありません。そこで、賢い宿泊先の選び方をお伝えします。
お役立ち情報

島旅のすすめ!自転車で離島を旅する魅力と注意点とは

日本は島国であり、数多くの離島が存在しますね。フェリーに乗って離島へ上陸し、自転車で島を巡る所謂「島旅」を満喫しませんか。ゆっくり時間が流れる島々をサイクリングしながら、独特な文化に触れてみましょう。島旅の魅力と注意点についてお話します。
お役立ち情報

坂道に強くなる、ロードバイクでヒルクライムのトレーニング方法

ロードバイクで勾配の大きな坂道を上るヒルクライムは、辛い運動です。しかし、やり遂げた後の充実感・達成感は格別で、多くのサイクリストはヒルクライムにハマったりします。そこで、坂道に強くなるためにも適切なトレーニングを継続して行いましょう。
お役立ち情報

ロードバイクでヒルクライム、速度を意識してスピードアップ

坂道を上ることに特化したヒルクライムは、ロードバイクの楽しみ方の一つです。重力に反して坂道を上るため、スピードは平地と比べ圧倒的に遅いですが、やり方次第ではスピードアップも可能ですね。速度を意識して、峠や山道を駆け上ってみませんか。
お役立ち情報

ロードバイクでヒルクライムに効果的なペダリングを覚えよう

ロードバイクの回すペダリングは、楽に速く走るために必要なスキルです。平地とヒルクライムでは、ペダリングのやり方が違っていて、坂道を楽に速く駆け上りたい場合は、ヒルクライムに適した効果的なペダリングを覚えましょう。すると今以上に強くなれます。
お役立ち情報

ロードバイクでヒルクライムを堪能、その魅力と楽しみ方や注意点とは

自転車(ロードバイクなど)で峠や山道を上るのは、辛いだけと思われるかも知れません。しかし、多くのサイクリストは、峠などを駆け上るヒルクライムを堪能しています。一体どんな魅力があるのでしょうか。ヒルクライムの魅力や楽しみ方、注意点を伝えます。
お役立ち情報

ロードバイクで高速巡行のコツとは、楽に速く走れるようになろう

ロードバイクで30km/h以上のスピードで高速巡行するためには、ちょっとしたコツがあります。例えば、股関節のペダリングや空気抵抗を減らすなど意識しなければいけない事がありますね。楽に速く走るためにも早い段階で必要な技術を身に付けましょう。
お役立ち情報

速く走りたい!ロードバイクは初心者でもトレーニング次第で速くなる

ロードバイクの魅力の一つは「速さ」ですね。その速さを求めるために多くのサイクリストは練習を欠かしません。例え初心者でも練習をしっかり行なえば、必ず今以上に速くなれます。千里の山も一歩からですので、焦らず地道にトレーニングを行ないましょう。
お役立ち情報

ロードバイクのペダリング、初心者がマスターすべき基本スキルとは

ロードバイクで速く走るためには、ペダリングスキルの上達が必須です。初心者は「ペダルを回すのにスキルが必要なのか?」と思いがちですが、これで中々奥が深い。シチュエーションによって3つのペダリングを使い分け、確実に速く走れるようになりましょう。
お役立ち情報

ロードバイクの初心者へ贈る、単独で100kmを完走できる方法

ロードバイクを始めた多くの初心者が最終的に目指すのは、100kmのロングライドを完走することです。100km完走できれば初心者卒業と言えるでしょう。単独で完走するためにも、コース選定を始めペース配分や水分・エネルギー補給に気を配りましょう。
お役立ち情報

ロードバイクの初心者必見、ロングライドを満喫するための基礎知識

ロードバイクで経験を積めば、100km以上のロングライドが走れるようになります。しかし、初心者がいきなり100km走るのはハードルがかなり高いですね。そこで、ロングライドを漫喫するための基礎知識を学び、実践してレベルアップを図りましょう。
お役立ち情報

ロードバイクの初心者が、意外と知らない事故防止のため気をつける事

ロードバイクを始めて間もない初心者は、ルールやマナー、楽しみ方、運転方法など知識や経験を得て成長していきますね。しかし、初心者が意外と知らない事故防止のため気を付けるべき事をご存じですか。早めに覚えて、自分の経験値を上げていきましょう。
お役立ち情報

ロードイバイクの初心者必見!車道走行時のマナーを覚えよう

近年、ロードバイクで颯爽と走っている景色を良く見かけるようになりました。しかし、一部の心もとない人が車道走行時のマナーを守っていなかったりしますね。初心者の内にマナーをしっかり覚えれば、他のサイクリストと気持ち良く走れるようになります。
お役立ち情報

ロードバイクの基礎知識、初心者が始めに覚えておきたい事

「ロードバイクで颯爽と走りたい」と思い、ロードバイクを始める決意をしたならば、ロードバイクの楽しみ方や選び方など様々な疑問が浮かび上がりますね。そこで、ロードバイクを始める前又は始めたばかりの初心者が、覚えておきたい基礎知識をお伝えします。
お役立ち情報

ロードバイクの入門書、初心者が購入からサイクリングを始めるまで

「ロードバイクを始めてみよう」と決意したのだけど、一体何から始めれば良いのか悩んでいませんか。例えばロードバイクの決め方や始めに買っておくべき装備品など分からないですね。そんな初心者へ、購入からサイクリングを始めるまでについてお話します。
お役立ち情報

自分に合う趣味を見つける方法とは、自転車を趣味にしてみませんか

「何か趣味が欲しい」と思っている人はそれなりに多いのではないでしょうか。趣味を見つける方法は何も難しくなく、あなたの好きな事や興味がある事が趣味になるのです。もし自転車を趣味にするならば、走る以外の趣味を掛け合わせると、より人生が彩ります。
お役立ち情報

美しいロードバイクの造形、ホリゾンタルフレームのメリット

ホリゾンタルフレームのロードバイクを眺めて、その美しい造形に魅了される人も多いですね。現代の主流はスローピングフレームですので、ホリゾンタルフレームを知らない人も多いはず。クラシックなロードバイクに良く似合い、それなりにメリットもあります。
お役立ち情報

自転車の二人乗り、子供を乗せられるのは何歳までか

自転車の二人乗りは違法ですが、条件次第で大丈夫なケースがあります。例えば、母親が小さな子供を自転車に乗せて走っていたりしますね。あれは別に違法ではなく、年齢によっては認められています。それでは、一体何歳までなら大丈夫なのでしょうか。
お役立ち情報

自転車の逆走はなぜ駄目なのか、どうしても減らない理由とは

車道を逆走している自転車を見かけた人は、それなりに多いと思います。実際に私も何度か目撃したことがあり「危ない!」と思ったことは、一度や二度で済みません。そこで、「逆走」が減らない理由と逆走で事故を起こした場合の法的措置についてお伝えします。
お役立ち情報

自転車は車道を走るのが正しい、けれど邪魔物扱いされている

自転車が車道を走ることは、道交法より昔から定められています。しかし、多くの車のドライバーから車道を走る自転車は、邪魔な存在として扱われているのが現実です。どうして邪魔物扱いするのでしょうか。その原因と解決策について考えてみました。
お役立ち情報

自転車で歩道を走って良いケースとは、ルールとマナーを守ろう

自転車に乗っている人で知らない人はいないと思いますが、自転車は車道の左側を走行することが原則です。しかし、条件次第では、歩道を走って良いケースがありますね。歩道を走って良いケースと走る場合のマナーについてまとめてみました。
お役立ち情報

ロードバイクで使うバーテープの交換時期の目安とは

ロードバイクのドロップハンドルに巻いているバーテープですが、交換時期の目安をご存じですか。明確な交換時期と言うのはありませんが、目安として4,000km~5000km走れば、だいぶ汚れが目立ってくるため交換の頃合いと考えて良いと思います。
お役立ち情報

ロードバイクのバーテープの選び方、印象をガラリと変えてみよう

ロードバイクのドロップハンドルには、バーテープを巻いていますね。このバーテープの選び方一つであなたのロードバイクの印象がガラリと変わることをご存じですか。バーテープは、色などのデザインや素材、厚さなどから自分の用途に合った物を選びましょう。
お役立ち情報

ドロップハンドルとフラットバー、どちらが使い勝手が良いのか

ロードバイクの象徴と言えるドロップハンドルとクロスバイクなどに使われるフラットバーハンドルを比べてみると、一体どちらが使い勝手が良いのでしょうか。それぞれのハンドルには利点や欠点がありますので、比較した結果についてまとめてみました。
お役立ち情報

疲労軽減に役立つ、ドロップハンドルの高さと角度調整

ロードバイクで長時間走るためには、自分の体に合ったポジション調整が必要です。求める走り方によって、ドロップハンドルの高さや角度の調整方法は変わってきますし、疲労軽減にも役立ちます。尚、ハンドル下部のエンドバーと地面が水平な角度が基本です。
お役立ち情報

ドロップハンドルでブレーキレバーが握りにくい場合の対処方法

主にロードバイクで使っているドロップハンドルでは、人によってブレーキが握りにくい場合があります。突然こんな話を聞くと驚きますね。そもそも何で指がしっかりとブレーキレバーへ届かないのでしょうか。そんな疑問と対処方法についてお伝えします。
お役立ち情報

ロードバイクのドロップハンドルの種類や素材、正しい選び方

ロードバイクの象徴的な部品と言えばドロップハンドルですね。一言でドロップハンドルと言っても様々な種類があり、形状や素材が違います。自分に合った物を選ばないと、きっと後悔しますので、正しいドロップハンドルの選び方についてお伝えします。
お役立ち情報

決して怖くない、ドロップハンドルの下ハンは恩恵が大きい

ロードバイクのドロップハンドルで下ハンを使っていますか。初心者ほど前傾姿勢がキツイため、余り使っていないですね。下ハンは決して怖くなく、有効に使えばその恩恵は計り知れません。特に急勾配な坂道や長い坂道を下る時は、有難味をヒシヒシ感じます。
タイトルとURLをコピーしました