お役立ち情報
New!

ロードバイクの初心者が、意外と知らない事故防止のため気をつける事

ロードバイクを始めて間もない初心者は、ルールやマナー、楽しみ方、運転方法など知識や経験を得て成長していきますね。しかし、初心者が意外と知らない事故防止のため気を付けるべき事をご存じですか。早めに覚えて、自分の経験値を上げていきましょう。
旅の体験談
New!

金刀比羅宮の行き方、丸亀から琴平まで歴史ある金毘羅街道の紹介

現代の金刀比羅宮(こんぴらさん)の行き方は、車や電車などを利用して直接訪ねますね。しかし、江戸時代では、金毘羅街道を歩き、金刀比羅宮へ向かいました。そこで、最も利用された丸亀から琴平まで続いている歴史ある金毘羅街道の見どころを紹介します。
お役立ち情報

ロードイバイクの初心者必見!車道走行時のマナーを覚えよう

近年、ロードバイクで颯爽と走っている景色を良く見かけるようになりました。しかし、一部の心もとない人が車道走行時のマナーを守っていなかったりしますね。初心者の内にマナーをしっかり覚えれば、他のサイクリストと気持ち良く走れるようになります。
旅の体験談

香川県で知られる二大名園の一つ「中津万象園」の見どころ

香川県の二大名園と言えば栗林公園と中津万象園ですね。中津万象園は、近江の琵琶湖と近江八景を模して造られた美麗な庭園であり、千代の傘松や石投げ地蔵尊、観潮楼など見所満載です。かつての主であった京極家の人々が慣れ親しんだ景色を眺めてみましょう。
お役立ち情報

ロードバイクの基礎知識、初心者が始めに覚えておきたい事

「ロードバイクで颯爽と走りたい」と思い、ロードバイクを始める決意をしたならば、ロードバイクの楽しみ方や選び方など様々な疑問が浮かび上がりますね。そこで、ロードバイクを始める前又は始めたばかりの初心者が、覚えておきたい基礎知識をお伝えします。
旅の体験談

【閲覧注意】つやま自然のふしぎ館はスゴイ、本物の臓器や珍獣を展示

岡山県津山市のシンボルと言えば津山城です。その風情あるお城の麓には、動物(珍獣)の実物のはく製や本物の人体の臓器をホルマリン漬けにして展示している「つやま自然のふしぎ館」が佇んでいます。まさにB級スポットとして一見の価値がありますね。
お役立ち情報

ロードバイクの入門書、初心者が購入からサイクリングを始めるまで

「ロードバイクを始めてみよう」と決意したのだけど、一体何から始めれば良いのか悩んでいませんか。例えばロードバイクの決め方や始めに買っておくべき装備品など分からないですね。そんな初心者へ、購入からサイクリングを始めるまでについてお話します。
旅の体験談

片鉄ロマン街道をサイクリング、桜シーズンに古き鉄道の景色を堪能

かつて運行していた鉄道跡を整備して作られたサイクリングロードの中に「片鉄ロマン街道」があります。全長約34kmの平坦基調なコースであるため、初心者からファミリー層にも優しいですね。桜シーズンには、古き鉄道跡は桜並木の絶景が広がっています。
お役立ち情報

自分に合う趣味を見つける方法とは、自転車を趣味にしてみませんか

「何か趣味が欲しい」と思っている人はそれなりに多いのではないでしょうか。趣味を見つける方法は何も難しくなく、あなたの好きな事や興味がある事が趣味になるのです。もし自転車を趣味にするならば、走る以外の趣味を掛け合わせると、より人生が彩ります。
旅の体験談

津山城(鶴山公園)で桜三昧、廃城令の結果がもったいない理由とは

津山城(鶴山公園)は、「日本さくら名所100選」に選ばれている岡山県屈指の桜の名所です。桜以外にも美しい石垣は城ファンならば絶対に見ておきたいですね。また、廃城令で天守が壊されなかったら今以上に景観が良く、実にもったいないと思いました。
お役立ち情報

美しいロードバイクの造形、ホリゾンタルフレームのメリット

ホリゾンタルフレームのロードバイクを眺めて、その美しい造形に魅了される人も多いですね。現代の主流はスローピングフレームですので、ホリゾンタルフレームを知らない人も多いはず。クラシックなロードバイクに良く似合い、それなりにメリットもあります。
旅の体験談

大山神社の見所とは、因島にあるサイクリストが集う自転車神社

瀬戸内海に浮かぶ因島には、自転車神社で知られている大山神社があり、毎年多くのサイクリストが訪れます。旅の安全を自転車と一緒に祈祷できたり、自転車お守りも人気です。しまなみ海道のメインルートから少し外れますが、足を運んでみませんか。
お役立ち情報

自転車の二人乗り、子供を乗せられるのは何歳までか

自転車の二人乗りは違法ですが、条件次第で大丈夫なケースがあります。例えば、母親が小さな子供を自転車に乗せて走っていたりしますね。あれは別に違法ではなく、年齢によっては認められています。それでは、一体何歳までなら大丈夫なのでしょうか。
旅の体験談

しまなみ海道に誕生した因島の「グラベルの聖地」をサイクリング

サイクリストの聖地として名高い「しまなみ海道」の因島に、オフロード用の自転車が楽しめる「グラベルの聖地」が2021年12月26日に誕生しました。自転車神社として有名な大山神社をスタートとゴールとするグラベルコースをサイクリングし紹介します。
お役立ち情報

自転車の逆走はなぜ駄目なのか、どうしても減らない理由とは

車道を逆走している自転車を見かけた人は、それなりに多いと思います。実際に私も何度か目撃したことがあり「危ない!」と思ったことは、一度や二度で済みません。そこで、「逆走」が減らない理由と逆走で事故を起こした場合の法的措置についてお伝えします。
旅の体験談

ゆめしま海道をサイクリング、岩城島の絶景・観光スポットを紹介

2022年3月20日に全線開通された「ゆめしま海道」を渡り、岩城島へ行ってみましょう。「青いレモンの島」と呼ばれている岩城島はレモン以外にも積善山や舟形ウバメガシなど様々な見所がありますね。サイクリングを通じ絶景・観光スポットを紹介します。
お役立ち情報

自転車は車道を走るのが正しい、けれど邪魔物扱いされている

自転車が車道を走ることは、道交法より昔から定められています。しかし、多くの車のドライバーから車道を走る自転車は、邪魔な存在として扱われているのが現実です。どうして邪魔物扱いするのでしょうか。その原因と解決策について考えてみました。
旅の体験談

ゆるキャラ「かみりん」の案内で岩城島の積善山をヒルクライム

岩城島の積善山へヒルクライムをチャレンジしてきました。平均斜度7%前後もあるため、本格的なヒルクライムを堪能できますね。道中は、上島町のゆるキャラ「かみりん」の看板が、所々で頂上までの残り距離や危険な所を教えてくれて有難いです。
お役立ち情報

自転車で歩道を走って良いケースとは、ルールとマナーを守ろう

自転車に乗っている人で知らない人はいないと思いますが、自転車は車道の左側を走行することが原則です。しかし、条件次第では、歩道を走って良いケースがありますね。歩道を走って良いケースと走る場合のマナーについてまとめてみました。
旅の体験談

しおまち海道をサイクリング、絶景・観光スポットなど見所を紹介

広島県福山市のサイクリングロードである「しおまち海道」を走り、絶景・観光スポットを紹介します。しおまち海道の道中には、観光名所として名高い鞆の浦を始め、田尻町の菜の花畑や阿伏兎観音など見所も沢山。また、しまなみ海道へ続くのも魅力です。
お役立ち情報

ロードバイクで使うバーテープの交換時期の目安とは

ロードバイクのドロップハンドルに巻いているバーテープですが、交換時期の目安をご存じですか。明確な交換時期と言うのはありませんが、目安として4,000km~5000km走れば、だいぶ汚れが目立ってくるため交換の頃合いと考えて良いと思います。
旅の体験談

鞆の浦の観光、ノスタルジーに浸れる癒しの港町を散策

瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦。江戸時代から「潮待ちの港」として栄え、今でも当時の面影を残すノスタルジーに浸れる癒しの港町です。対潮楼や医王寺、沼名前神社、仙酔島など見所も沢山。情緒あふれる町中をゆっくり散策しながら観光しましょう。
お役立ち情報

ロードバイクのバーテープの選び方、印象をガラリと変えてみよう

ロードバイクのドロップハンドルには、バーテープを巻いていますね。このバーテープの選び方一つであなたのロードバイクの印象がガラリと変わることをご存じですか。バーテープは、色などのデザインや素材、厚さなどから自分の用途に合った物を選びましょう。
旅の体験談

子宝スポットで有名な阿伏兎観音(磐台寺)はスリル満点の福山のお堂

子宝や子育てスポットとして知られている阿伏兎観音(磐台寺)は、福山市にある沼隈半島の最南端に位置し、岬の断崖絶壁にそびえ建っています。そこから眺める景色は、まさにスリル満点です。また、観音堂へ珍しい絵馬を奉納して、願を叶えてみませんか。
お役立ち情報

ドロップハンドルとフラットバー、どちらが使い勝手が良いのか

ロードバイクの象徴と言えるドロップハンドルとクロスバイクなどに使われるフラットバーハンドルを比べてみると、一体どちらが使い勝手が良いのでしょうか。それぞれのハンドルには利点や欠点がありますので、比較した結果についてまとめてみました。
旅の体験談

鞆の浦にある福禅寺・対潮楼から眺める絵画のような景色

鞆の浦にある福禅寺・対潮楼からは、絵画のような絶景を眺めることができます。その景色は、かつて対潮楼を訪れた朝鮮通信使から「日東第一形勝(日本一すばらしい景観)」と絶賛されました。また、坂本龍馬と紀州藩の交渉の場となった歴史的な場所です。
お役立ち情報

疲労軽減に役立つ、ドロップハンドルの高さと角度調整

ロードバイクで長時間走るためには、自分の体に合ったポジション調整が必要です。求める走り方によって、ドロップハンドルの高さや角度の調整方法は変わってきますし、疲労軽減にも役立ちます。尚、ハンドル下部のエンドバーと地面が水平な角度が基本です。
旅の体験談

陣屋町の雛めぐり、近水園や足守町並み保存地区を観光

かつての陣屋町の面影を色濃く残す足守町並み保存地区。毎年2月上旬~3月下旬にかけて雛めぐりが行われます。古い町並みを散策しながら歴史と文化に触れてみませんか。大名庭園として知られる「近水園」と共に足守地区を観光しましょう。
お役立ち情報

ドロップハンドルでブレーキレバーが握りにくい場合の対処方法

主にロードバイクで使っているドロップハンドルでは、人によってブレーキが握りにくい場合があります。突然こんな話を聞くと驚きますね。そもそも何で指がしっかりとブレーキレバーへ届かないのでしょうか。そんな疑問と対処方法についてお伝えします。
旅の体験談

岡山の梅の名所を紹介、神崎梅園と神崎緑地公園に広がる新春の景色

岡山県の梅の名所の一つに神崎梅園があり、隣接する神崎緑地公園と合わせて新春を彩る紅梅と白梅の絶景が広がっています。見事な枝垂れ梅の景色を眺めながら、園内を散策しましょう。例年、梅の開花に合わせ「太伯振興梅まつり」が開かれています。
旅の体験談
New!

金刀比羅宮の行き方、丸亀から琴平まで歴史ある金毘羅街道の紹介

現代の金刀比羅宮(こんぴらさん)の行き方は、車や電車などを利用して直接訪ねますね。しかし、江戸時代では、金毘羅街道を歩き、金刀比羅宮へ向かいました。そこで、最も利用された丸亀から琴平まで続いている歴史ある金毘羅街道の見どころを紹介します。
旅の体験談

香川県で知られる二大名園の一つ「中津万象園」の見どころ

香川県の二大名園と言えば栗林公園と中津万象園ですね。中津万象園は、近江の琵琶湖と近江八景を模して造られた美麗な庭園であり、千代の傘松や石投げ地蔵尊、観潮楼など見所満載です。かつての主であった京極家の人々が慣れ親しんだ景色を眺めてみましょう。
旅の体験談

【閲覧注意】つやま自然のふしぎ館はスゴイ、本物の臓器や珍獣を展示

岡山県津山市のシンボルと言えば津山城です。その風情あるお城の麓には、動物(珍獣)の実物のはく製や本物の人体の臓器をホルマリン漬けにして展示している「つやま自然のふしぎ館」が佇んでいます。まさにB級スポットとして一見の価値がありますね。
旅の体験談

片鉄ロマン街道をサイクリング、桜シーズンに古き鉄道の景色を堪能

かつて運行していた鉄道跡を整備して作られたサイクリングロードの中に「片鉄ロマン街道」があります。全長約34kmの平坦基調なコースであるため、初心者からファミリー層にも優しいですね。桜シーズンには、古き鉄道跡は桜並木の絶景が広がっています。
旅の体験談

津山城(鶴山公園)で桜三昧、廃城令の結果がもったいない理由とは

津山城(鶴山公園)は、「日本さくら名所100選」に選ばれている岡山県屈指の桜の名所です。桜以外にも美しい石垣は城ファンならば絶対に見ておきたいですね。また、廃城令で天守が壊されなかったら今以上に景観が良く、実にもったいないと思いました。
旅の体験談

大山神社の見所とは、因島にあるサイクリストが集う自転車神社

瀬戸内海に浮かぶ因島には、自転車神社で知られている大山神社があり、毎年多くのサイクリストが訪れます。旅の安全を自転車と一緒に祈祷できたり、自転車お守りも人気です。しまなみ海道のメインルートから少し外れますが、足を運んでみませんか。
旅の体験談

しまなみ海道に誕生した因島の「グラベルの聖地」をサイクリング

サイクリストの聖地として名高い「しまなみ海道」の因島に、オフロード用の自転車が楽しめる「グラベルの聖地」が2021年12月26日に誕生しました。自転車神社として有名な大山神社をスタートとゴールとするグラベルコースをサイクリングし紹介します。
旅の体験談

ゆめしま海道をサイクリング、岩城島の絶景・観光スポットを紹介

2022年3月20日に全線開通された「ゆめしま海道」を渡り、岩城島へ行ってみましょう。「青いレモンの島」と呼ばれている岩城島はレモン以外にも積善山や舟形ウバメガシなど様々な見所がありますね。サイクリングを通じ絶景・観光スポットを紹介します。
旅の体験談

ゆるキャラ「かみりん」の案内で岩城島の積善山をヒルクライム

岩城島の積善山へヒルクライムをチャレンジしてきました。平均斜度7%前後もあるため、本格的なヒルクライムを堪能できますね。道中は、上島町のゆるキャラ「かみりん」の看板が、所々で頂上までの残り距離や危険な所を教えてくれて有難いです。
旅の体験談

しおまち海道をサイクリング、絶景・観光スポットなど見所を紹介

広島県福山市のサイクリングロードである「しおまち海道」を走り、絶景・観光スポットを紹介します。しおまち海道の道中には、観光名所として名高い鞆の浦を始め、田尻町の菜の花畑や阿伏兎観音など見所も沢山。また、しまなみ海道へ続くのも魅力です。
旅の体験談

鞆の浦の観光、ノスタルジーに浸れる癒しの港町を散策

瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦。江戸時代から「潮待ちの港」として栄え、今でも当時の面影を残すノスタルジーに浸れる癒しの港町です。対潮楼や医王寺、沼名前神社、仙酔島など見所も沢山。情緒あふれる町中をゆっくり散策しながら観光しましょう。
旅の体験談

子宝スポットで有名な阿伏兎観音(磐台寺)はスリル満点の福山のお堂

子宝や子育てスポットとして知られている阿伏兎観音(磐台寺)は、福山市にある沼隈半島の最南端に位置し、岬の断崖絶壁にそびえ建っています。そこから眺める景色は、まさにスリル満点です。また、観音堂へ珍しい絵馬を奉納して、願を叶えてみませんか。
旅の体験談

鞆の浦にある福禅寺・対潮楼から眺める絵画のような景色

鞆の浦にある福禅寺・対潮楼からは、絵画のような絶景を眺めることができます。その景色は、かつて対潮楼を訪れた朝鮮通信使から「日東第一形勝(日本一すばらしい景観)」と絶賛されました。また、坂本龍馬と紀州藩の交渉の場となった歴史的な場所です。
旅の体験談

陣屋町の雛めぐり、近水園や足守町並み保存地区を観光

かつての陣屋町の面影を色濃く残す足守町並み保存地区。毎年2月上旬~3月下旬にかけて雛めぐりが行われます。古い町並みを散策しながら歴史と文化に触れてみませんか。大名庭園として知られる「近水園」と共に足守地区を観光しましょう。
旅の体験談

岡山の梅の名所を紹介、神崎梅園と神崎緑地公園に広がる新春の景色

岡山県の梅の名所の一つに神崎梅園があり、隣接する神崎緑地公園と合わせて新春を彩る紅梅と白梅の絶景が広がっています。見事な枝垂れ梅の景色を眺めながら、園内を散策しましょう。例年、梅の開花に合わせ「太伯振興梅まつり」が開かれています。
旅の体験談

石畳神社へプチ登山、総社市で神を祀る自然石の御神体にビックリ

巨大な自然石を御神体として崇める神社は沢山ありますが、岡山県総社市にある石畳神社の御神体は、高さ60mに及ぶ磐座です。高梁川沿いに鎮座するその姿を見上げると、ビックリしますね。石畳神社の拝殿からプチ登山して御神体へ向かいましょう。
旅の体験談

陸のサンゴを漫喫、岡山で自生する深紅のアッケシソウ(サンゴ草)

陸のサンゴと呼ばれているアッケシソウ(サンゴ草)は、日本では希少な塩性植物です。そんなアッケシソウを本州で唯一見られる自生地が岡山県の寄島アッケシランドですね。毎年見頃になると辺り一面は深紅の絨毯が広がり、多くの観光客が訪れます。
旅の体験談

岡山県赤磐市で見逃せない観光スポットを定番から穴場まで紹介

岡山県赤磐市は桃の産地として知られています。その中で直径22mの巨大な桃のガスタンクには驚きますね。謎のピラミッド「熊山遺跡」や珍しい八重桜の一種「宗堂桜」など見所が沢山ありますので、定番から穴場まで見逃せない観光スポットを紹介します。
旅の体験談

棚田百選の一つ岡山を代表する大垪和西の棚田、日本の原風景を堪能

棚田百選の一つに選ばれている岡山県の美咲町にある大垪和西棚田。山間部の大きな谷間全体にすり鉢状に広がっている特徴があります。周遊路が整備されており、写真撮影などで訪れる来訪者が後を絶ちません。これぞ日本の原風景と言える景観を堪能しましょう。
旅の体験談

岡山にある圧巻の名瀑「神庭の滝」、マイナスイオンで癒されよう

中国地方を代表し「日本の滝百選」の一つである岡山の名瀑「神庭の滝」へ訪れてみませんか。断崖絶壁から豪快に流れ落ちる高さ110m、幅20mの景色は圧巻です。この滝が発するマイナスイオンで心を癒されましょう。特に紅葉や新緑の時期が見頃です。
旅の体験談

岡山の蒜山高原をサイクリング、景色を堪能しながら観光を楽しむ

岡山県の北部に位置する蒜山高原へ訪れてみませんか。雄大な景色と牧歌的な景観が広がる気持ちの良い高原をサイクリングしながら観光地へ訪れてみましょう。ジャージー牛やタンチョウとの触れ合い、大山を望む鬼女台展望休憩所など見所は沢山あります。
旅の体験談

桜と紅葉を同時に見よう、勝山から蒜山高原を目指すサイクリング

岡山県内から蒜山高原を目指すコースは色々あり、桜と紅葉を同時に見られるコースもあります。真庭市勝山から出発して、国道181号線を走り、蒜山高原を目指しましょう。道中には神代四季桜や竜宮岩など見所もあり、楽しいサイクリングを満喫できます。
旅の体験談

奇跡の一本桜、岡山の桜の名所「醍醐桜」を堪能

醍醐桜を知っていますか。かつて後醍醐天皇が隠岐へ島流しになった際、その道中で賞賛した奇跡の一本桜です。樹齢1,000年を越すといわれる岡山県下一の巨桜であり、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」のロケ地になったことでも知られています。
旅の体験談

鞆の浦の仙酔島へ行こう、五色岩に宿る西日本屈指のパワースポット

「仙人も酔ってしまうほどの美しさ」と謳われている鞆の浦の仙酔島。西日本屈指のパワースポットです。5色の岩が同じ場所に存在する日本で唯一の五色岩は仙酔島でしか見られません。龍神橋や閃きの門など見所も盛りたくさん。船で仙酔島へ行ってみよう。
旅の体験談

白い千本鳥居の光景、済渡寺の映えスポット「白龍門」

岡山県新見市にある済渡寺では、白龍門と呼ばれる白い千本鳥居が連なる光景は一見の価値があります。まさに映えスポットと呼んで良いでしょう。朝露が照り光る桃の彫刻を飾った真白な鳥居のトンネルをくぐり抜け、白龍様へ会いに訪れてみませんか。
旅の体験談

カルスト地形の美しいダイナミックな井倉峡と絹掛の滝を堪能

紅葉が美しく彩るダイナミックな井倉峡。風光明媚な観光名所として知られています。この井倉峡には全長1,200mにも及ぶ巨大鍾乳洞や滝などが点在しており見所満載です。また、井倉峡の一角を占めている気品あふれる絹掛の滝へ是非立ち寄りましょう。
旅の体験談

神秘の鍾乳洞へ行こう、幻想的な地底の世界「井倉洞」を探検

高梁川上流に広がり、カルスト台地を浸食することで形成された井倉峡。この井倉峡の奥には、悠久の時をかけて自然に造られた全長1,200mの神秘の巨大鍾乳洞が広がっています。それは、井倉洞で呼ばれており、幻想的な地底世界へ探検に出かけましょう。
旅の体験談

いの町紙の博物館へ行こう、日本一の薄さを誇る土佐和紙の歴史を学ぶ

日本一の薄さを誇る土佐和紙の歴史に触れてみませんか。いの町紙の博物館では、古くから受け継がれた土佐和紙について学べます。また、職人による実演見学や紙漉き体験など見所満載ですね。高知の豊かな自然が紡ぎ出してできた土佐和紙の魅力を伝えます。
旅の体験談

名勝「宇甘渓」へ行こう、岡山県の紅葉の名所を堪能

岡山県の紅葉の名所として知られている名勝「宇甘渓」。宇甘川の激流により削られた奇岩がそそり立つ山肌の景観は見応えがあります。更に渓谷では真っ赤なもみじが良く映えますね。シンボルの赤橋を渡って、川辺でゆったりと紅葉狩りを楽しみましょう。
旅の体験談

サイクリングのすすめ、岡山の紅葉の名所「豪渓」を漫喫

岡山県内で有数の紅葉の名所として知られている「豪渓」へサイクリングします。JR総社駅からスタートとし、豪渓へ向かうまでの道中や豪渓で眺める圧巻の紅葉、数々の奇岩・奇峰について紹介することで、豪渓の魅力をお伝えしますね。
お役立ち情報
New!

ロードバイクの初心者が、意外と知らない事故防止のため気をつける事

ロードバイクを始めて間もない初心者は、ルールやマナー、楽しみ方、運転方法など知識や経験を得て成長していきますね。しかし、初心者が意外と知らない事故防止のため気を付けるべき事をご存じですか。早めに覚えて、自分の経験値を上げていきましょう。
お役立ち情報

ロードイバイクの初心者必見!車道走行時のマナーを覚えよう

近年、ロードバイクで颯爽と走っている景色を良く見かけるようになりました。しかし、一部の心もとない人が車道走行時のマナーを守っていなかったりしますね。初心者の内にマナーをしっかり覚えれば、他のサイクリストと気持ち良く走れるようになります。
お役立ち情報

ロードバイクの基礎知識、初心者が始めに覚えておきたい事

「ロードバイクで颯爽と走りたい」と思い、ロードバイクを始める決意をしたならば、ロードバイクの楽しみ方や選び方など様々な疑問が浮かび上がりますね。そこで、ロードバイクを始める前又は始めたばかりの初心者が、覚えておきたい基礎知識をお伝えします。
お役立ち情報

ロードバイクの入門書、初心者が購入からサイクリングを始めるまで

「ロードバイクを始めてみよう」と決意したのだけど、一体何から始めれば良いのか悩んでいませんか。例えばロードバイクの決め方や始めに買っておくべき装備品など分からないですね。そんな初心者へ、購入からサイクリングを始めるまでについてお話します。
お役立ち情報

自分に合う趣味を見つける方法とは、自転車を趣味にしてみませんか

「何か趣味が欲しい」と思っている人はそれなりに多いのではないでしょうか。趣味を見つける方法は何も難しくなく、あなたの好きな事や興味がある事が趣味になるのです。もし自転車を趣味にするならば、走る以外の趣味を掛け合わせると、より人生が彩ります。
お役立ち情報

美しいロードバイクの造形、ホリゾンタルフレームのメリット

ホリゾンタルフレームのロードバイクを眺めて、その美しい造形に魅了される人も多いですね。現代の主流はスローピングフレームですので、ホリゾンタルフレームを知らない人も多いはず。クラシックなロードバイクに良く似合い、それなりにメリットもあります。
お役立ち情報

自転車の二人乗り、子供を乗せられるのは何歳までか

自転車の二人乗りは違法ですが、条件次第で大丈夫なケースがあります。例えば、母親が小さな子供を自転車に乗せて走っていたりしますね。あれは別に違法ではなく、年齢によっては認められています。それでは、一体何歳までなら大丈夫なのでしょうか。
お役立ち情報

自転車の逆走はなぜ駄目なのか、どうしても減らない理由とは

車道を逆走している自転車を見かけた人は、それなりに多いと思います。実際に私も何度か目撃したことがあり「危ない!」と思ったことは、一度や二度で済みません。そこで、「逆走」が減らない理由と逆走で事故を起こした場合の法的措置についてお伝えします。
お役立ち情報

自転車は車道を走るのが正しい、けれど邪魔物扱いされている

自転車が車道を走ることは、道交法より昔から定められています。しかし、多くの車のドライバーから車道を走る自転車は、邪魔な存在として扱われているのが現実です。どうして邪魔物扱いするのでしょうか。その原因と解決策について考えてみました。
お役立ち情報

自転車で歩道を走って良いケースとは、ルールとマナーを守ろう

自転車に乗っている人で知らない人はいないと思いますが、自転車は車道の左側を走行することが原則です。しかし、条件次第では、歩道を走って良いケースがありますね。歩道を走って良いケースと走る場合のマナーについてまとめてみました。
お役立ち情報

ロードバイクで使うバーテープの交換時期の目安とは

ロードバイクのドロップハンドルに巻いているバーテープですが、交換時期の目安をご存じですか。明確な交換時期と言うのはありませんが、目安として4,000km~5000km走れば、だいぶ汚れが目立ってくるため交換の頃合いと考えて良いと思います。
お役立ち情報

ロードバイクのバーテープの選び方、印象をガラリと変えてみよう

ロードバイクのドロップハンドルには、バーテープを巻いていますね。このバーテープの選び方一つであなたのロードバイクの印象がガラリと変わることをご存じですか。バーテープは、色などのデザインや素材、厚さなどから自分の用途に合った物を選びましょう。
お役立ち情報

ドロップハンドルとフラットバー、どちらが使い勝手が良いのか

ロードバイクの象徴と言えるドロップハンドルとクロスバイクなどに使われるフラットバーハンドルを比べてみると、一体どちらが使い勝手が良いのでしょうか。それぞれのハンドルには利点や欠点がありますので、比較した結果についてまとめてみました。
お役立ち情報

疲労軽減に役立つ、ドロップハンドルの高さと角度調整

ロードバイクで長時間走るためには、自分の体に合ったポジション調整が必要です。求める走り方によって、ドロップハンドルの高さや角度の調整方法は変わってきますし、疲労軽減にも役立ちます。尚、ハンドル下部のエンドバーと地面が水平な角度が基本です。
お役立ち情報

ドロップハンドルでブレーキレバーが握りにくい場合の対処方法

主にロードバイクで使っているドロップハンドルでは、人によってブレーキが握りにくい場合があります。突然こんな話を聞くと驚きますね。そもそも何で指がしっかりとブレーキレバーへ届かないのでしょうか。そんな疑問と対処方法についてお伝えします。
お役立ち情報

ロードバイクのドロップハンドルの種類や素材、正しい選び方

ロードバイクの象徴的な部品と言えばドロップハンドルですね。一言でドロップハンドルと言っても様々な種類があり、形状や素材が違います。自分に合った物を選ばないと、きっと後悔しますので、正しいドロップハンドルの選び方についてお伝えします。
お役立ち情報

決して怖くない、ドロップハンドルの下ハンは恩恵が大きい

ロードバイクのドロップハンドルで下ハンを使っていますか。初心者ほど前傾姿勢がキツイため、余り使っていないですね。下ハンは決して怖くなく、有効に使えばその恩恵は計り知れません。特に急勾配な坂道や長い坂道を下る時は、有難味をヒシヒシ感じます。
お役立ち情報

走りを変えよう、ロードバイクのドロップハンドルの握り方

ロードバイクのドロップハンドルは、多くの握り方できるため、走るシチュエーションにより握り方を変えていきましょう。基本的にブラケットを握って走行しますが、上ハンや下ハンを活用することでライディングフォームが変化し、走り方自体が変わります。
お役立ち情報

今更聞けないドロップハンドルのメリットとデメリットを解説

ロードバイクの象徴的な部品と言えば、ドロップハンドルですね。なぜドロップハンドルを使用しているのかご存じですか。それ以前にドロップハンドルとは一体何物なのでしょうか。今更聞けないドロップハンドルについてメリットとデメリットを含め解説します。
お役立ち情報

ロードバイクのチェーンが外れた場合の直し方と外れる原因とは

ロードバイクのトラブルの中でパンクと並んで多いのがチェーンが外れることですね。チェーンが外れる原因を良く理解していれば、外れる可能性を低くすることは可能です。また、例えチェーンが外れたとしても直し方を知っていれば簡単に直せます。
お役立ち情報

自転車で変速機がないシングルスピードのメリットとデメリット

変速機の無いスポーツ系自転車のことをシングルスピードと言います。このシングルスピードの特徴や用途をご存じですか。変速機が無いことで恩恵を受けている部分がありますね。そこで、シングルスピードのメリットとデメリットについてお伝えします。
お役立ち情報

ロードバイクでアウターローやインナートップが非奨励な理由

ロードバイクやクロスバイクなどでは、変速機を操作してアウターローやインナートップのギア構成、所謂チェーンのたすき掛けの使用は非奨励です。たすき掛けはパワーロスが大きいだけでなく、パーツを余計に消耗させて故障の原因になります。
お役立ち情報

ギアを上手に使おう、自転車の変速機の仕組みと使い方

自転車は変速機を操作してギアを切り替えることで、勾配のある坂道を楽に駆け上れたりできます。なぜそんなことができるのでしょうか。変速機の仕組みをお伝えすることで、そのような疑問も解決です。また、変速機の上手な使い方についてもお伝えします。
お役立ち情報

ママチャリで痛くないサドルの正しい選び方

ママチャリのサドルを自分で選んだことがありますか。ママチャリの運転中にお尻が痛くなるのでしたら、そのサドルはあなたのお尻の骨盤と相性が悪いかも。そんな時はサドルの交換を考えてみましょう。ママチャリで痛くないサドルの選び方をお伝えします。
お役立ち情報

安全重視、ママチャリのサドルの高さを正しく調整しよう

通勤や通学、買い物のお供として日々活躍しているママチャリ。もし購入時からサドルの高さを変えていないのならば、その高さは本当にあなたに取ってベストでしょうか。サドルの高さを安全重視でペダルが漕ぎやすい高さへ正しく調整すれば走り方が変わります。
お役立ち情報

自転車に体重制限はあるの?ロードバイクとママチャリの耐荷重とは

ロードバイクやママチャリなどの自転車は、重量制限があることをご存じですか。特にサドルやシートポストには体重制限があったりしますので注意が必要です。「体重+荷物」の総重量が95kg~120kgならば、自転車の耐荷重内に収まることが多いですね。
お役立ち情報

ママチャリでロングライド?中長距離を走るコツとは

「ママチャリでロングライド?」こんなことを考える人は稀でしょう。本来ママチャリは、長距離を走る自転車ではないのですが、不可能ではありません。ママチャリで中長距離を走るにはコツがあります。お気に入りのママチャリで、遠くへ出かけてみませんか。
お役立ち情報

ママチャリで自転車旅(ツーリング)を漫喫できるのか

自転車で旅に出ることはそれほど珍しい話ではありません。しかし、旅のお供がママチャリならば話は変わってきますね。そもそもママチャリで自転車旅(ツーリング)を漫喫できるのでしょうか。ママチャリで旅へ出るメリットやデメリットについてお伝えします。
お役立ち情報

街乗りで活躍する自転車、クロスバイクとママチャリの違いを解説

街乗りで活躍するクロスバイクとママチャリは、同じ自転車のカテゴリーですが、全くの別物と言って良いでしょう。まずは重量からしてママチャリはクロスバイクの約倍近くあります。両者の様々な違いについて解説し、適材適所で自転車を乗り換えてみましょう。
お役立ち情報

ママチャリで楽にサイクリングを楽しめるコツとは

クロスバイクなどのスポーツ系自転車でなくても、ママチャリでサイクリングを漫喫できます。ママチャリで楽にサイクリングを行なうコツは、サドルのセッティングやペダルの踏み方を変えたり様々ありますね。ママチャリで風を切って走るのは実に面白いです。
タイトルとURLをコピーしました