お役立ち情報

お役立ち情報
New!

激安なママチャリは壊れやすい?高級ママチャリと何が違うのか

同じママチャリでも1万円未満で買えたり、4万円以上する物もありますね。激安ママチャリと高級ママチャリでは何が違うのかご存じですか。フレーム素材やタイヤの質など性能が全く異なります。激安なママチャリでもメンテナンス次第では長持ちできますよ。
お役立ち情報

自転車を「修理する」か「買い替える」か悩んだ時の解決方法

自転車を乗り続けていて、ある日突然壊れた時に良く悩むのが「修理する」か「買い替える」かですね。そんな時どのように判断していますか。悩む時間が長すぎて、結論を出すのを後回しにすることも。そんな悩みをスムーズに解決する方法を説明します。
お役立ち情報

ママチャリの名前の由来や定義とは、実はパパチャリも存在する

ママチャリは世の中に広く浸透しており、生活に欠かせない存在になっている人も多いと思います。ママチャリの名前の由来や定義を知っていますか。明確に答えられない方もいると思うので解説しますね。また、ママチャリならぬパパチャリも存在しています。
お役立ち情報

自転車通勤・通学にはママチャリが便利、選ばれる理由を知れば納得

朝夕の通勤通学の時間帯では、多くの人が自転車を利用している様子を目にします。数ある自転車の中でもママチャリに乗っている人が多いかも。ママチャリが選ばれる理由は、前カゴが非常に使い勝手が良いとか、価格が安いなど様々あり、誰もが納得できますね。
お役立ち情報

ママチャリで使うブレーキの種類とは、嫌な音鳴りは未然に防ごう

ママチャリで使用する後輪ブレーキは3種類あります。一般的に使用されているのが「バンドブレーキ」であり、このブレーキが原因で嫌な音鳴りが発生する。未然に音鳴りを防ぐためには、サーボブレーキへ交換したり、音鳴りがしないローラーブレーキを使おう。
お役立ち情報

ママチャリで使うハンドルの種類と選び方、白色と黒色で何が違うの

ママチャリのハンドルは、主に2種類に分かれます。それは、セミアップハンドルとオールラウンダーハンドルと呼ばれるもの。また、白色と黒色の物がある。これらのハンドルの違いは一体何なのでしょうか。ハンドルの種類と選び方、色の違いを説明します。
お役立ち情報

ママチャリのタイヤサイズと適用身長、サイズ違いによる影響を説明

ママチャリは、ロードバイクと違ってタイヤサイズで適用身長が決まります。大人用には、主に24・26・27インチのタイヤサイズがあり、選んだサイズにより走行性能に影響があるかも。そこで、タイヤサイズの違いによる影響を説明します。
お役立ち情報

ママチャリの失敗しない選び方、選ぶ基準が分かればもう迷わない

世の中には、様々なママチャリがあります。そのため本気でママチャリを選ぼうとすると、かなり頭を悩ます羽目に。失敗しない選び方(基準)や見るべきポイントが分かれば、迷わず即決即断できるかも。ママチャリを購入する際、一読して頂ければ幸いです。
お役立ち情報

ママチャリの選び方、見るべきポイントを詳しく解説

一言でママチャリと言っても色々な種類があります。ハンドルやブレーキなどパーツを1つ取っても様々な種類があり、性能が異なる。そのため、ママチャリの選び方は、意外に奥が深いと言えるでしょう。そこで、見るべきポイントを詳しく解説します。
お役立ち情報

自転車のヘルメットの洗い方、日々のお手入れで汗や臭いを取り除く

ロードバイクなどのスポーツ系自転車へ乗る際は、常にヘルメットを着用している人が多いですね。そのため、定期的にクリーニングしないと、汗や臭いで大変な目にあうことも。ヘルメットは日々のお手入れが大切です。そこで、ヘルメットの洗い方を説明します。
お役立ち情報

自転車やバイクで使用するヘルメットの正しい捨て方

自転車やバイクで使用するヘルメットは、一般的に耐用年数が3年と言われています。寿命を迎えたヘルメットは、自治体で処分したり、リサイクルに出しましょう。まだ寿命があれば、売却や寄付・譲渡などで対応可です。ヘルメットの正しい捨て方を説明します。
お役立ち情報

自転車用ヘルメットの不要論とは、自分で考え正しく判断しよう

「自転車へ乗る際、ヘルメットは不要だ!」このような主張があったりします。主張や意見は個人の自由ですが、それを人に勧めるのは関心しません。ヘルメットにより救われた命が現実にあるのも事実だからです。最終的には、自分で考え正しく判断しましょう。
お役立ち情報

自転車のヘルメットが似合わない、キノコ頭になる原因と解決方法

自転車用のヘルメットを初めて買った後、実際に着用した姿にガッカリしたことはありませんか。その時に「似合わないな」と思った方もいるでしょう。その姿がまるでキノコ頭に見えてカッコ悪い。なぜそうなるのでしょうか。原因と解決方法をお伝えします。
お役立ち情報

自転車用ヘルメットの選び方、ロードバイクの乗車時は絶対着用

ロードバイクの乗車時は、自転車用ヘルメットの着用を心掛けよう。ロードバイクは、スピードを出して走るため、万が一に備えて頭部を守ることが大切です。そこで、ヘルメットの重要性と正しい選び方、被り方について説明します。
お役立ち情報

SGやJCF公認マークとは、自転車用ヘルメットの安全規格を解説

自転車に乗る時にヘルメットを着用していれば、いざと言う時に命を守ってくれます。ヘルメットを選ぶ際、安全規格の承認がある物を選ぼう。安全規格には、SGマークやJCF公認・奨励マークなど様々な物がありますので、これらの規格について解説します。
お役立ち情報

自転車に乗る際ヘルメット着用は義務?交通事故の実態から読み解く

自転車の転倒時に頭部を守ってくれるヘルメットは、重要なアイテムです。今は13歳未満の方は、ヘルメットの着用が努力義務であり特に罰則はありません。また、自転車の交通事故の実態を読み解くと、ヘルメットの重要性が良く分かりますね。
お役立ち情報

自転車の鍵でワイヤーロックを購入、効果的な正しい選び方

自転車の鍵は様々な種類があり、その中の1つにワイヤーロックがあります。ワイヤーロックの長所と短所をしっかり把握して、使い勝手の良い1品を探しましょう。本記事では、ワイヤーロックの効果的な正しい選び方を紹介します。
お役立ち情報

自転車の鍵にワイヤーロックを利用、効果的な正しい使い方

自転車の鍵は、ワイヤーロックを使うなと言う話を聞いたことがありますが本当でしょうか。防犯能力が低いため言われる話ですが、正しく使えば十分に愛用できますよ。そこで本記事では、ワイヤーロックの効果的な正しい使い方を紹介します。
お役立ち情報

自転車の鍵の持ち運び方、鍵をなくさない工夫が大事

自転車の鍵の持ち運び方は、バックにしまったり、フレームに装備したり、ポケットにしまったり様々です。もし鍵を忘れてしまったら、外出先で自転車から離れる時に困ってしまうもの。そのためには、鍵をなくさないよう工夫することが大事です。
お役立ち情報

自転車の鍵を無くした場合の適切な対応方法や注意点を解説

自転車の鍵を無くした経験がありませんか。いざ無くしてしまうと慌ててしまうものですが、そんな時に予め対応方法を知っていると立ち直りも早く、直ぐに適切な行動へうつせます。自分で対処できない場合は、交番や自転車ショップ、鍵業者へ依頼しましょう。
お役立ち情報

自転車のスプロケットやチェーンリングの交換時期を解説

自転車のスプロケットやチェーンリングの交換時期は、概ね10,000km以上走行した場合が多いです。これだけの距離を走行すると、チェーンの歯飛びが起きやすくなっていますね。大きな目安として歯飛びするかしないかで交換の判断をすると良いでしょう。
お役立ち情報

自転車のチェーンの洗浄に使える「クレ5-56」の活用方法

ホームセンターなどで安価に購入できる「クレ5-56」。サビ落としや潤滑剤として使えるため、自宅で常備している人も多いのではないでしょうか。自転車のチェーンの洗浄に使えますが、正しく使わないとサビてしまうかも。正しい活用方法をお伝えします。
お役立ち情報

自転車のチェーンの洗浄にマジックリンがダメな理由とは

自転車のチェーンの油汚れを落とすのに、マジックリンを使う話を聞いた時はビックリしました。マジックリンはアルカリ性のため、チェーンを洗浄すると亀裂が入り壊れることも。それがマジックリンがダメな理由ですね。また、水洗いも止めた方が良いですよ。
お役立ち情報

旅を続けながら写真撮影の上達に必要な感性を磨く方法

「写真は感性だ」と言われたりします。確かに素晴らしい写真を見ると感動するもの。感性を磨けばより深く感動できるでしょう。旅を続けながら良い写真を見たり、お気に入りの風景などを意識してカメラで撮り続けていれば、感性は磨かれ撮影技術が上達します。
お役立ち情報

旅情あふれる写真の撮り方、自転車旅で記憶に残る写真を撮ろう

自転車旅の道中では、絶景や印象に残った場所に通りかかると、カメラで写真を撮る人が多いです。その際、記録に残すためにサッと撮影することが多いはず。できれば記憶に残る1枚を撮りたいものですね。そこで、旅情あふれた写真の撮り方を解説します。
お役立ち情報

自転車旅で写真撮影を楽しむ、ためになる撮影方法や構図を解説

旅のお供としてカメラを持っていく人は多いです。それは自転車旅でも言えること。旅先で印象に残った場面を写真に残せば、後日に写真を見ただけで当時の楽しい思い出が蘇りますね。そこで、写真撮影を楽しむために、ためになる撮影方法や構図を解説します。
お役立ち情報

自転車のラテックスチューブの実力、人によって向き不向きあり

自転車を購入した時のチューブは大抵ブチルですが、ラテックスに交換することで、得られる効果が大きいです。しかし、ラテックスには欠点があり、その影響で人によって向き不向きがハッキリしますね。一体、ラテックスの実力はいかほどの物でしょうか。
お役立ち情報

自転車のチューブの種類と選び方、素材の違いで何が変わるの?

自転車チューブの種類は、バルブの違いにより「英式、仏式、米式」の3種類に分かれます。ロードバイクでは、仏式のタイヤチューブを使いますが、素材により乗り味が全く違いますね。そこで、チューブの種類と選び方、素材による違いについて説明します。
お役立ち情報

自転車のチューブの寿命とは、劣化の原因と交換のタイミングを解説

自転車のチューブは、タイヤと同じゴム製品のため、自転車へ乗っていなくても自然に経年劣化を起こします。すると、チューブの寿命がいつなのか気になるもの。そこで、チューブの寿命を始め、劣化の原因とチューブを交換するタイミングについて解説します。
お役立ち情報

自転車の予備チューブの携帯・保管方法、ラップで包んで酸化を防ぐ

多くのサイクリストは、自転車に予備のチューブを携帯して走っている方が多いです。チューブはゴム製品のため、紫外線や酸素によって劣化します。おすすめの保管方法は、チューブをラップに包んで酸化を防ぎ、直射日光の当たらない場所へ保管することですね。
タイトルとURLをコピーしました