※本サイトはアフィリエイト広告を利用しPRしています。
旅の体験談

鳴り石の浜ではなぜ音が鳴るのか、鳥取の不思議なパワースポット

鳴り石の浜

石がカラコロ鳴り響く「鳴り石の浜」をご存じですか。

鳥取県の琴浦町には、波の満ち引きにより音が鳴り響く珍しい海岸があります。

この音が良く鳴ると言う事から「良く成る」に通じ、大変縁起が良いとされていますね。

また、この鳴り石を使ってアート作品を作り、ストーンバランシングを楽しみましょう。

本記事では、鳥取県の不思議なパワースポット「鳴り石の浜」を紹介し、音が鳴り響く秘密についてお伝えします。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • パワースポットに興味深々
  • カラコロ音が鳴り響く、秘密に興味がある
  • 鳴り石の浜について知りたい

鳴り石の浜とは

鳴り石の浜の景色

鳴り石の浜は、鳥取県東伯郡琴浦町赤崎に位置し、波の影響で丸くなった石が、カラコロと琴のような音色を奏でる珍しい海岸です。

この石の多くは、輝石安山岩であり、13万年以前に古期大山(だいせん)の活動期に形成された火山岩が元になっていると言われています。

石が敷き詰められた海岸は、礫浜(れきひん・れきはま)と呼ばれるため、礫質海岸と呼ぶこともありますね。

尚、この海岸では、岩や石を積み上げて作るアート作品、所謂「ストーンバランシング」が盛んです。

色んな形をした丸い石を使って、世界で一つだけのオリジナル作品を作ってみませんか。

鳴り石の浜を見渡せば、そこら一帯にアート作品があふれています。

不思議な音色を耳にしながら、浜辺を歩き、気に入った場所でストーンバランシングへ挑戦してみましょう。

【周辺の見所】

鳴り石の浜の周辺には、多くの見所がありますので、下記記事で紹介します。

鳥取の不思議なパワースポット、鳴り石の浜の景色

鳴り石の浜の案内板

鳴り石の浜の駐車場へ辿り着いたら、案内板に従って浜へ向かって歩いて行きましょう。

鳴り石の浜へ向かう道

道中見つけた立札には、「鳴り石の浜」でのお願い事項が書かれていました。

鳴り石の浜のお願い事項

どうやら石の持ち帰りはNGのようです。

このような立札があると言う事は、過去に石を持ち帰る人が結構いたのでしょう。

個人的に気になったのが、この立札の下側にあった、こちらの注意書き!!

注射器の漂流を促す看板

なぜか大量の注射器が漂着するみたいです。

う~ん、なぜこの海岸に漂着するのだろうか、気になりますね。

尚、この海岸だけでなく、周辺の海岸にも同じ注意書きがありました。謎が深まります・・・

海岸へ到着すると、辺り一帯は丸い石コロばかり。

鳴り石の浜の景色

そのため、非常に歩きづらい!(これは仕方がないですね。)

尚、足元には、このような木材が埋められている所もありますので、石の上を歩くのが苦手な人は、木材の上を歩きましょう。

海岸に敷かれた木材
所々に木材が敷かれた海岸

私が訪れた日はあいにく曇りでしたが、目の前に広がる日本海の景色は美しく、爽快感を感じました。

石積された海岸での日本海の景色

また、辺り一帯には、沢山の石積されたアート作品が作られており、多くの人に親しまれているのでしょう。

この海岸は、石が良く鳴る浜のため、「よく鳴る=良く成る」に通じ、物事が良くなると言う縁起が良い場所と言われています。

「運が良くなる、成績が良くなる、体調が良くなる、恋人と仲が良くなる」何でもござれです。

しばらくの間、海岸に佇み、しっかりパワーを頂きましょう。

記念撮影する場合は、こちらのベンチに座って撮影するのは如何でしょうか。

鳴り石の浜に設置されたベンチ

ベンチの隣りには「鳴り石の浜」と書かれた杭がありますので、自分が今どこの海岸にいるのか一目瞭然です。

この杭の裏側を見てみると、鳴り石の浜をしっかりアピールしていました。(笑)

鳴り石の浜をアピールしている杭

この鳴り石の浜には、ヒマワリ畑があるようなので、ヒマワリが見頃な8月がベストシーズンでしょう。

こちらの写真は、海岸へ向かう途中で見つけた鳴り石の浜の案内板にあった物です。

ヒマワリ咲き誇る浜辺

沢山のヒマワリに囲まれた、美しい景色が広がっていますね。

こちらの写真は、駐車場に展示されていたのですが、2020年に開催された「鳴り石の浜フォトコンテスト」の最優秀賞になった作品です。

鳴り石の浜フォトコンテストの最優秀賞

夕暮れの中で、石積された塔と周りの風景が見事に溶け合い、幻想的な景色は哀愁を感じます。

鳴り石の浜は、季節や時間帯で色々な顔を見せてくれるため、機会があれば何度も足を運んでみましょう。

なぜ石が鳴くのか、その仕組みとは

最初は大きかった石も、長い年月をかけて波にもまれていると、小さくなっていきます。

波の力で石と石がぶつかり合い、辺り一帯に音が鳴り響くのです。

春から夏にかけては、波の高さが1m以下と小さいため、動く石は小さな物ばかりですが、秋から冬にかけては、4mを越える波が発生する事もあり、大きな石も動きます。

石の大きさにより、奏でる音色は様々です。

また、風向きや潮の満ち引きにより、波のうねりが変わってきますので、その日によって鳴り響く音は変わってきますね。

海岸には、こちらの立札が立てられていました。

伏流水の音を聞いてみよう

季節によっては、浜の下を流れる伏流水の音を聞けるようです。

ちなみに私が訪れた日は、残念ながらほとんど聞こえませんでした。(泣)

どんな音が聞こえるのか、またの機会に確認したいですね。

アート作品の作成、ストーンバランシングに挑戦

テトラポットの上に石を積む

先ほども触れましたが、鳴り石の浜には、石を積み上げて作り上げたストーンバランシングが沢山ありました。

通常、ストーンバランシングは、ほとんど河原で行うもの。海辺でできるのは希少です。

そのため、鳴り石の浜プロジェクトの一環として、ストーンバランシングに力を入れているようですね。

また、近年では、TVや新聞でも取り上げられており、注目を集めています。

ストーンバランシング

このストーンバランシングはレベルにより、初級編~上級編に分かれていますので、この海岸に掲示されていた写真を使ってレベルを説明しましょう。

こちらが初級編です。

ストーンバランシング(初級編)

石を立てるだけなので、適合する石を探し当てれば、何とかなりますね。

お次は中級編です。丸い石を何段も縦に積みます。

ストーンバランシング(中級編)

これは確かに初級編より遥に難しそう。

最後に上級編です。これは難し過ぎるでしょう。

ストーンバランシング(上級編)

こんな作品を接着剤を使わずに作れるなんて、凄すぎます!

私もストーンバランシングにチャレンジしてみました。

そして、試行錯誤の末、完成した作品がこちら。

石のアート作品

何のひねりもなく「五重の石」と名前を付けました。

これを見て「ただ石を平面に積んだだけじゃないか」なんて怒らないで下さい。

このストーンバランシングは、結構難しいですよ。

ちなみに辺り一面には、私と似たよう作品ばかりが見受けられました。

ストーンバランシングの風景

尚、私の作品と比べてみると、明らかに石段が多い物ばかり。

中には10段以上の石塔もあり、良く出来ていたため感心した次第です。

大人だけでなく、子供も楽しめますので、親子で一緒にストーンバランシングにチャレンジしてみては如何でしょうか。

石絵馬で願を叶えよう

石絵馬の賽銭箱
石絵馬の賽銭箱

海岸に落ちている綺麗な鳴り石に、あなたの願い事を書いてみて下さい。

ペンは石絵馬の賽銭箱の中にあります。

尚、ペンのインクが切れている可能性があるため、念のためにマイペンを用意していると確実です。

賽銭箱の中には見本がありましたので、こんな風に石の表面に願い事を書きましょう。

石絵馬
石絵馬

石に願い事を書き終えたら、海に向かって願い事を思いながら、石を投げ込みます。

投げた石が、波にもまれてカラコロとよく鳴れば、きっとあなたの願いが叶うでしょう。

尚、鳴り石には、こちらのようなハートの形をした物もありました。

ハート形の石

このハート型をした鳴り石を使えば、恋愛相談の願い事も効果が大きいはず。

恋愛に関する願い事をする場合は、是非探してみて下さい。

鳴り石カフェで「鳴り石の浜」のスタンプを入手

鳴り石カフェ
鳴り石カフェ

駐車場のあった敷地内には、「鳴り石カフェ」があります。

残念ながら私が訪れた日は、営業していませんでした。

後日このカフェについて調べてみると、営業しているのは金・土曜のみ。

地元食材を使用した、限定20食のヘルシーランチがお勧めのようです。

尚、店前には「鳴り石の浜」のスタンプがありました。

鳴り石の浜のスタンプ押し場
鳴り石の浜のスタンプ

記念にスタンプを押して帰っては如何でしょうか。

鳴り石カフェ

  • 住所 鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1929-11
  • 電話番号 090-7378-4207
  • 営業時間 11:00~14:00
  • 定休日 日曜日~木曜日(金・土曜日のみ営業)

鳴り石の浜の基本情報とアクセス

住所鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1929-11
電話番号0858-55-7811(琴浦町観光協会)

【アクセス】

  • JR赤埼駅から徒歩で約15分
  • JR赤埼駅からタクシーで約3分

鳴り石の浜の駐車場

鳴り石の浜には、無料駐車場があります。(普通車50台、大型バス5台)

まとめ

鳴り石の浜は、打ち寄せる波により、大小様々な石がぶつかり合い、独特の響きが聞こえる珍しい海岸です。

「良く鳴る」浜であることから、「良く成る」に通じ、縁起の良いパワースポットとして注目を集めています。

鳴り石に願い事を書いて海へ放り投げ、願掛けをしてみませんか。

また、ストーンバランシングに挑戦し、オリジナルのアート作品を作ってみて下さい。

カラコロと鳴り響く音色に耳を傾け、不思議な体験をしましょう。

【サイクリストの管理人からの一言】

鳴り石の浜へ自転車で行きませんか。JR米子駅やJR鳥取駅などからスタートすれば、山陰海岸をサイクリングで楽しみながら鳴り石の浜を目指せます。駅までは、輪行で自転車を持ち込むと良いでしょう。下記記事では輪行についてお話します。

タイトルとURLをコピーしました