お役立ち情報

自転車のヘルメットが似合わない、キノコ頭になる原因と解決方法

自転車のヘルメットが似合わない、キノコ頭になる原因と解決方法

見た目を気にする人は、割と多いですね。

そのため、デザインやファッションを重視する人も。

それはサイクリストも同じです。

自転車用のヘルメットを初めて買った後、実際に着用した姿を見て、ガッカリしたことはありませんか。

その姿が全く似合っていない。

まるでキノコ頭に見えてカッコ悪い。

すると、そんなヘルメットは、被りたくないと思うのも仕方がないのかも知れません。

せっかく買ったヘルメットがキノコだったらガッカリしますね。

一体なぜキノコ頭になってしまうのでしょうか。

本記事では、キノコ頭になる原因と解決方法についてお伝えします。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • ヘルメットを着用した姿がキノコ頭になる
  • ヘルメットが似合わない原因と解決策を知りたい

ヘルメットは慣れてしまえばカッコ悪くない

ロードバイクやクロスバイクなどスポーツ系自転車へ乗る際、ヘルメットを被っている人を良く見かけますね。

特にロードバイクは、ママチャリとは比べ物にもならないスピードを出せるため、安全性を考えてヘルメットを着用するのが基本です。

ヘルメットを被ってロードバイクで走行

それでは、ヘルメットを被る機会とは、一体どれほどあるのでしょうか。

普段はママチャリを使い、週末などでしかロードバイクへ乗らない方でしたら、1週間に1~2日程度しか被っていないのかも。

これでは、しばらくの間、ヘルメットを着用した姿に多少なりとも違和感を感じてしまうのは、仕方がないのかも知れません。

人は、習慣になるまで気恥しい気持ちが先行してしまうもの。

ヘルメットを被る姿がカッコ悪いからと言って、着用しないのは安全性を考えればご法度です。

そこで、自転車に乗る時には、常にヘルメットを着用する癖を付けてみては如何でしょうか。

普段の生活に組み込まれることで、多少の見た目は気にしなくなります。

残念ながら、どんなヘルメットを被っても、大なり小なりキノコ頭になってしまうもの。

しかし、自分の頭にあったサイズとフィット感のあったヘルメットを選んだり、アイウェアをかけたりするとキノコ頭に見える程度はかなり抑えられます。

最終的にヘルメットを被ることが習慣化してしまえば、その姿が見慣れてきてしまうため、カッコ悪くないと思えてくるでしょう。

ヘルメットを被りたくない理由

私は初めてクロスバイクを買った時にヘルメットも一緒に購入しましたが、ヘルメットを着用した姿を見た時は「似合わないな」と思いました。

しかし、スピードを出せるスポーツ系自転車では、安全のために被り続けており、今に至ります。

今では習慣化しているため、何とも思わなくなりました。

自転車で川沿いの道を走る

自転車に乗る際、ヘルメットを着用する義務は、今の法律ではありません。

そのため、被る被らないかは個人の自由。

しかし、ヘルメットを被ってさえいれば、助かる命だって多いのです。

ヘルメットを被るのを敬遠する方は、「見た目が嫌」「キノコ頭になる」「髪型が崩れる」「面倒だから」などと言った理由ですね。

特に見た目を気にする人は、「キノコ頭になるのが嫌」という人が多いでしょう。

これらの理由は、ヘルメットの重要性や必要性を否定しても良い理由にはなりません。

個人的には、安全のためにも自転車へ乗る際は、ヘルメットを被ってもらいたい。

特にロードバイクなどのスピードの出せる自転車へ乗る際は、必須だと思います。

【ロードバイクのトレーニング

ロードバイクへ乗っていると、そのスピードに魅せられることがありますね。スピードを出し続けるためには、それなりのトレーニングが必要です。下記記事では、トレーニングに関する記事を紹介します。

キノコ頭になるのは人による

ロードバイクへ乗る人は、ヘルメットを購入する際、キノコ頭になりずらいヘルメットを選ぶという話を良く聞きます。

キノコ頭になる原因は、顔の輪郭とヘルメットの境目に段差ができるように見えるため。

自転車乗り間では、そういった状態を「キノコる」と揶揄することも。

誰だって、そんな姿にはなりたくないでしょう。

見つめ合るキノコ

例え、キノコ頭になりづらいと言われているヘルメットを着用しても、キノコ頭になる人がいるのも事実です。

反対にならない人もいる訳なので、キノコ頭になるならないかは、人による所が大きいですね。

例えば、顔が小さいすぎる人や顔が細長い人ならば、キノコ頭になりやすいと思います。

顔が小さすぎると、顔の大きさに対してヘルメットの割合が大きくなりますね。

また、顔が細いと顔がキノコの柄に見えてしまい、キノコ具合がアップする羽目に。

程度の差こそあれ、みんな大なり小なりでキノコ頭になるもの。

大事なのは慣れです。

そのため、あまり深く考えないのが精神的に良いでしょう。

ヘルメットを着用するとキノコ頭になる原因

キノコ頭になる原因は、先ほど顔の輪郭とヘルメットの境目に段差ができるように見えるとお伝えしました。

この事について、もう少し深堀りしていきます。

段差が見える原因は、結局のところ以下の2つでしょう。

キノコ頭になる原因
  • ヘルメットのサイズとフィット感の問題
  • ヘルメットのデザインの問題

それぞれについて説明します。

ヘルメットのサイズとフィット感の問題

欧米人と東洋人では、頭骨の形が違うといった根本的な問題がありますね。

多くのヘルメットメーカーは、欧米人の頭骨に合わせてヘルメットを作っていますが、中には日本人を含む東洋人向けに作られる物もあります。

自転車用ヘルメット
自転車用ヘルメット

日本人の頭骨では、欧米人向けに作られたヘルメットは、どうしてもフィット感が似合わない可能性が高いでしょう。

そんなヘルメットでは、サイズも微妙に合っておらず、よりキノコ頭に見えてしまうもの。

やはり日本人には、東洋人向けに作られたヘルメットが一番似合っていると考えます。

ヘルメットのデザインの問題

ヘルメットのデザイン次第では、必然的にキノコ頭になりますね。

特に横に張り出したヘルメットならば、誰もがキノコ頭になるのは避けられないでしょう。

そのため、前から見て横が張り出していない、スリムな物を選ぶこと。

なぜ不格好になるヘルメットがあるのか理解に苦しむ部分がありますが、最近はあまり見ないかも。

やはり不人気なのが原因なのかも知れませんね。

もし、ヘルメット購入時にそのようなヘルメットを見かけたら避けた方が無難です。

キノコ頭の解決には、ヘルメットの選び方が重要

先ほどキノコ頭に見える原因について触れました。

つまり、解決方法には、ヘルメットの選び方が重要になることが分かって頂けたと思います。

東洋人向けに作られたヘルメットならば、サイズやフィット感も合いやすい。

特に国産メーカーのヘルメットであれば、日本人向けに作られた物が多く、モデルのラインナップも豊富ですよ。

有名どころのメーカーと言えば「OGK」が挙げられます。

しかし、いくら日本人向けのヘルメットだからと言って、絶対にキノコ頭にならない保証はありません。

最善なのは、ヘルメットを購入する際、実際に試着すること。

例え同じメーカーでも、モデルによってフィット感が異なります。

サイズやフィット感が合っているのか判断するには、実物を手に取って被ってみるのがベストですね。

尚、見た目が良くてもフィット感がNGの物は選ばないように。

被っている内に頭が触れている部分が痛くなったり、締め付け感を覚えたりすることも。

そのため、ヘルメット選びの優先順位は、フィット感が一番大事です。

キノコ頭の回避策

キノコ頭の解決には、何よりもヘルメット選びが重要ですが、それ以外にも回避策があります。

以下に回避策についてまとめました。

  • ヘルメットを正しく被る
  • アイウェアをかける
  • サイクルキャップを被る

それぞれについて説明します。

ヘルメットを正しく被る

ヘルメットを被った時に、前部分のエッジの位置が眉の少し上になるのがベストです。

髪型を気にして、浅めにヘルメットを被る人がいたりしますが、これはヘルメットが浮いてキノコ頭に見えやすいですよ。

ヘルメットを眉の上までしっかり被り、あご紐をしめましょう。

その際、あご紐は指1本程度の隙間があるように調整して下さい。

そして、後頭部に付いているアジャスターをズレないように頭部をしっかりホールドしましょう。

アイウェアをかける

自転車用のアイウェア(サングラス)をかけてみると、顔の表面積が少なく見え、ヘルメットが似合って見えたりします。

また、ヘルメットとアイウェアがつながって見えるので、キノコ頭になりにくいとも言えますね。

そのため、ヘルメットとアイウェアの相性は良いかも。

どうしてもキノコ頭に見えてしまう際、アイウェアをかけてみては如何でしょうか。

今まで悩んでいたのが馬鹿らしくなるくらい、劇的な変化があるかも知れません。

サイクルキャップを被る

サイクルキャップは、汗止めや日差し避けのために被っている人が多いです。

それ以外にもキノコ感を目立たせなくする働きがあります。

サイクルキャップを選ぶ際、ヘルメットの色とは違う「差し色」を選ぶのがポイント。

差し色のキャップにより、オシャレ感がよりアップしますよ。

ヘルメット姿を見慣れれば気にしなくなる

自転車用ヘルメット

町中でロードバイクに乗って、颯爽と走っているサイクリストを見かけ、カッコ良いヘルメット姿に羨望したことがありませんか。

それに控え、自分のヘルメット姿が、カッコ悪く見えて、ついつい比較しがちです。

しかし、それは時間の問題により解決できると言えるでしょう。

始めの内は似合っていないと思えたヘルメット姿も、ずっと被り続けていれば似合うようになります。

それは、新人のサラリーマンが、全く似合っていなかったスーツ姿で、仕事をこなしていく内に段々と似合ってくる。

つまりは、そういうことです。

よほどサイズやデザインがおかしな物を選ばない限り、それなりに見慣れてきて、いつの間にか気にしなくなります。

【ロードバイクを楽しもう】

ヘルメットが似合う似合わないの問題で、ロードバイクが楽しめないのはもったいない。ロードバイクには様々な楽しみ方がありますので、下記記事で紹介します。

まとめ

自転車用のヘルメットを被りたくない理由には、「キノコ頭」になることを挙げる人が多いでしょう。

しかし、安全性を考えるならばヘルメットは必須です。

ヘルメットのサイズやフォット感、デザインのよっては、キノコ頭に見えてしまうため、ヘルメット選びが大事。

また、アイウェアやサイクルキャップを併用することで、キノコ頭を回避できることも。

見た目がダサいからと言って、ヘルメットを被らないのは止めましょう。

タイトルとURLをコピーしました