※本サイトはアフィリエイト広告を利用しPRしています。
お役立ち情報

自転車のビンディングペダルの効果とは、引き足だけではない

自転車のビンディングペダルの効果とは

ロードバイクの初心者やスポーツ系自転車にくわしくない人ならば、「ビンディングペダルは、どんな効果があるのかな?」といった疑問を持つものです。

名前を聞いたことがあるけど、くわしくは知らないという方も少なくないでしょう。

自転車用のペダルといえば、フラットペダルが大半ですが、ビンディングペダルに変えることで劇的な変化が訪れます。

足の力を効率よく使うならば、ビンディングペダルは必須のアイテムですよ。よく言われるのが、引き足が使えるということですね。

引き足を使えば力強く加速できますが、ビンディングペダルで一番の効果といえば、やはり効率よくペダリングできることでしょう。

本記事では、ビンディングペダルの様々な効果について紹介します。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • フラットペダルからビンディングペダルへ変更しようか考えている
  • ビンディングペダルの効果を知りたい

ビンディングペダルの効果で強くなる

ビンディングペダル

自転車のペダルをビンディングペダルに変えてしまうと、気軽に乗り降りができないと考えていませんか。

理由は至ってシンプルですね。ペダルと足がくっついて固定してしまうのだから、脱着が面倒くさいと思ってしまいます。

また、バランスを崩した際、とっさに地面へ足をつくことができなければ転んでしまうので、ビンディングペダルは危ないと思っている人も少なくはないでしょう。

ビンディングペダルについてよく分からない人からすれば、「足とペダルを固定する」という言葉からマイナスイメージを抱くのは仕方がありません。

本当にそのイメージ通りでしょうか。もし、そうであるならば、多くのサイクリストが、これほどビンディングペダルを愛用したりしないはずです。

ロードバイクを運転する

人気漫画・アニメの「弱虫ペダル」に登場する手嶋さんのセリフを使わせてもらえば、「踏む力と引く力が同時に加わることで、今までの倍の力でペダルを回せる」ようになりますよ。

確かにビンディングペダルを使えば、引き足を使えるのでペダリングの効率はよくなりますが、今までの倍の力というのは、少し盛りすぎかな。(個人的見解です)

実際、人によってどの程度パワーアップするかは違ってきますね。ただ言えることは、確実に強くなります。

そこで、ビンディングペダルの主な効果を以下にまとめました。

ビンディングペダルの主な効果
  • 長距離を走るのが楽になる
  • 坂道に強くなる
  • 平均速度がアップする
  • 力強い加速ができる

それぞれについて説明します。

ビンディングペダルの効果は、決してプラシーボじゃないよ。

【効果①】長距離を走るのが楽になる

ロングライド

ビンディングペダルで足を固定すれば、ペダルを回している最中に、足の位置がズレる心配がなくなります。

実は、これこそがビンディングペダルの一番のメリットといえますね。

特に長距離を走るロングライドでは、ペダルを踏んでいる最中に、毎回足の位置が細かくズレてしまうと、力の伝わり方が変わってしまい効率的ではありません。

時間が経つにつれ、快適性が失われペースがおかしくなってくることも。

それほどペダルを踏むポジションというのは大事ですよ。

ビンディングペダル

ビンディングペダルは、フラットペダルと違って単純にペダルを踏むという動きではなく、引き足を使った「ペダルを回す」というペダリングができます。

このペダリングをマスターしてしまえば、より多くの筋肉を効率よく使えるようになり、足の筋肉への負担が分散されますね。

つまり、疲れづらくなる訳です。これは、長距離を走るに当たり大きな武器になります。

短距離のサイクリングでは、気が付きにくいですが、距離が長くなればなるほど、その効果に感謝せずに入られません。

【効果②】坂道に強くなる

劇坂

先ほど説明したビンディングペダルによって、長距離を走るのが楽になる効果は、初心者には分かりずらいですね。

初心者の内では、それほど長距離を走ることがないため、「本当に楽になるのか?」と懐疑的だったりします。

しかし、そんな初心者でも坂道ならばビンディングペダルの恩恵に預かれますよ。

フラットペダルで苦労して上っていた坂道であったとしても、ビンディングペダルにすれば「あれ、坂を上るのが楽になった」とそんな感想を抱くでしょう。

あなたの実力に似合わない勾配の大きな坂道では、ビンディングペダルの効果が直ぐに分からないかも知れませんが、ちょっとした坂道ならばすぐに理解できますね。

やはり、ペダルを回すペダリングというのは、ペダルを踏むだけのペダリングと比べて引き足が使える分あきらかに楽になります。

反対にいえば、フラットペダルは一部の筋肉にばかり負荷が集中してかかるので、消耗が激しいのです。

【効果③】平均速度がアップする

ロードバイクで平地を走る

ビンディングペダルにより、ペダルを回すペダリングをマスターすれば、疲れにくくなることについて先ほど触れました。

このことから「疲れにくい → 一定のペースで走れる時間が延びる → 平均速度がアップ」の三段論法が成り立ちますよ。

つまり、平地はもとより坂道でも速度が維持しやすいのです。

平均速度がアップすれば、ロングライドや自転車旅などでもかなり役立ちますね。

旅する自転車

今まで時間の関係で訪れることを断念していた場所が、平均速度が上がった効果で行けれるようになれるのは、本当に嬉しいですよ。

特にワンデイサイクリングなどで、無理して長距離走行した場合に、いつも帰宅するのが夜間になる方にとっては、明るい内に帰宅できるようになれば、そのメリットは計り知れません。

また、平均速度のアップは、単純に移動時間が短くなるだけでなく、こころに余裕を持てるようになります。

まさに、サイクリストにとっては、良いことづくめで悪いことがないですね。

最高速度に関しては、あなたの脚力次第なので、ビンディングペダルだろうがフラットペダルだろうがあまり関係ないので悪しからず。

【効果④】力強い加速ができる

自転車イベントのゴールゲート

ビンディングペダルによって、引き足が使えるようになると、グイグイと力強い加速ができるようになれます。

そのため、サイクリング中などで楽に自転車を加速させて、前を走っている自転車を追い抜く場合に力を発揮しますよ。

人によっては、自転車が加速して前へ進む感覚が気持ち良くて、必要もないのに何度も加速を繰り返してしまうかも知れません。(笑)

フラットペダルと比べてみればよく分かるのですが、明らかに加速時のパワーに違いを感じます。

ロードレースのような順位を争う競技ならば、1分1秒が勝敗を決することにつながるのは珍しくないので、ロケットスタートのような加速力が得られるのはありがたいですね。

引き足は無理のない範囲で行うこと

沢山のロードバイク

ビンディングペダルにすると、最初の内は、意識して引き足を使ったりするものです。

別にその行為が悪い訳ではありませんが、必ずしもグイグイ引き上げるのが正しいとは限りません。

ペダルを踏む筋肉に対して、引き上げる筋肉というのは小さく弱いものですよ。無理してやり過ぎてしまえば、膝や足首に負担がかかり過ぎます。

その結果、痛みが伴ったり、怪我をする要因になりかねません。

引き足は、無理のない範囲で優しく行うのがベターです。

ビンディングペダルで足を固定すれば安心感がある

ビンディングペダル

ペダルに足を固定するのは、マイナスイメージを持つ方がいますが、それって反対ですよ。ペダルに足を固定した方が、実は安心感がありますね。

例えば、フラットペダルでペダルを漕いでいると、ペダルから足が浮き上がらないようにしたり、段差で踏み外さないように意識します。

そんな風に意識しながら、自転車のスピードを出して、長い時間運転していれば心身ともに疲れてしまうもの。

足がペダルに固定されることで、絶対に足がズレないことが分かっているため、余計な心配をしなくてすみますね。つまり、意識せず安心しながらペダルを漕げるのです。

それに、ビンディングペダルは慣れてしまえば、ペダルから足を脱着するのはほとんど無意識でできるようになります。

足を固定することに対して、それほど深刻になる必要はないでしょう。

まとめ

自転車の展示室

本記事では、ビンディングペダルの効果について説明しました。

最期にもう一度説明した内容を以下にまとめます。

  • 効率よく足の筋肉が使え、長距離を走るのが楽になる
  • 坂道が楽に上れるようになる(初心者でもビンディングペダルの恩恵を感じ取りやすい)
  • 平均速度がアップして、移動時間が短くなるだけでなく、こころに余裕を持てるようになる
  • 引き足が使えるようになると、グイグイと力強い加速ができる

ペダルを回している際中に、引き足は無理のない範囲で優しく行ないましょう。

もし、意識してグイグイ引き足を使っていれば、痛みが伴ったり、怪我をする要因になりますよ。

ビンディングペダルを使えば、様々な効果が得られて強くなれます。

タイトルとURLをコピーしました