旅の計画

自転車旅のお金を抑制、食費や宿泊費、交通費などを節約するコツとは

旅の計画を立てるにあたり、最も気になるのが旅費(費用)ですね。

自転車旅ではお金がなくても楽しむことができますが、お金をかけると更に楽しむことができます。

しかし、無尽蔵に費用をかけることができるのならば話は別ですが、そうでないのが現実です。

お金の不安をなくすことで、ストレスなく旅を続けることができるでしょう。

本記事では、自転車旅にかかる旅費の節約についてお話します。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • 自転車旅でお金を節約したい
  • 旅費の節約に興味がある

お金を節約しても旅は満喫できます

自転車旅に限った話ではありませんが、自由気ままに旅を続けて行くためにはお金が必要です。

現代社会において、全くお金を使わず生活を行うのは不可能と言って良いでしょう。

自転車旅の費用は主に以下に分類できます。

自転車旅の主な費用

  • 食費
  • 宿泊費
  • 観光費
  • 交通費
  • 装備、備品費

自転車旅の移動手段は、主に自転車が中心となるため交通費の節約には期待ができます。

しかし、どれか一つだけ徹底的な節約をしても余り意味はありません。

節約しすぎてしまうことで、旅の最中にストレスを感じてしまい、旅を十分に満喫できなくなるかも知れないからです。

大事なのはバランス良く節約する事だね。旅を楽しめなければ、それは修行と変わらないよ。

装備・備品費に関しては、旅を始める前にそろえておく内容であるため、本記事では特に説明はしませんが、装備品を少なくしても十分に自転車旅を楽しめます。

お金の不安がなくなれば、かなり精神的負担が和らぐ事は事実です。

しかし、何でもかんでもお金を節約するのではなく、自分が絶対に必要と思うところは許容できる範囲で使いましょう。

こーさん
こーさん

自転車旅で一番大切な事は「旅を楽しむ事」だね。これを忘れると心に余裕がなくなるよ。

お金の節約を検討しながら充実した旅の計画を立てていけば、計画を実施した時に満足度の高い旅を続けていけます。

旅費を節約しよう

食費の節約

旅において必ず発生するのが食費ですね。

自転車は人がペダルを回すことで始めて動き出す乗り物であるため、動力源となる食費を削り過ぎるのは適切とは言えません。

また、旅の目的が旅先で地元の食材を使った料理だと言う人も多いでしょう。

そこで、一日当たりに使用する費用の目安を決めておくことで、計画を立てる時に発生する費用がわかり易くなります。

こーさん
こーさん

私の場合は、一日当たり2,000円を目安にしているね。

食費の内訳は以下になります。

食費の主な内訳

  • 朝食
  • 昼食
  • 夜食
  • 旅の道中で補給・補充する飲食

朝食は宿泊先のホテルなどで無料で食べられる所がそれなりにありますので、積極的に活用すると良いでしょう。

旅の計画を立てる段階で、朝食が無料なところを探すのがお勧めだよ。

飲料水は、ほとんど宿泊先か昼食を食べるために立ち寄ったお店で、水を無料で頂ければ食費の節約ができます。

尚、水を大量に飲み過ぎると自発的脱水症になるので、塩分を取るのも忘れてはいけません。

自転車旅では、道中に飲料は良く飲むため毎回購入するとトータル費用は馬鹿にならないよ。

ただし、夏場に自転車旅を行う場合は、熱中症の危険があるため、スポーツドリンクがあると塩分補給が容易にできます。

食費に関しては無料で活用できるところを探して、しっかりと食事を取りましょう。

宿泊費の節約

一日の旅の疲れを取るためには、十分な睡眠が必要です。

睡眠不足で旅を続けていると事故の基になってしまいます。

当たり前の話ですが、宿泊先により費用のバラツキは大きいため、最低限、自分自身が納得できる宿を選択しましょう。

世の中には安く宿泊できる施設が結構ありますので、それを利用しましょう。

例えば、ライダーハウスやゲストハウス、ユースホステルなどですね。

宿泊費用は一概には言えませんが、大体2,000円~4,000円で素泊まりができます。

宿泊先の中には無料なところもあるよ。

ライダーハウスやゲストハウス、ユースホステルなどはドミトリー(相部屋のこと)で提供されているところが多いため、一人でないと眠れない人は困難かも知れません。

こーさん
こーさん

私の経験上、ドミトリーを使用する場合は、事前に耳栓を用意しておくことをお勧めするよ。

どうして、耳栓が必要なの。

こーさん
こーさん

昔、とあるユースホステルで宿泊した時に、いびきが大きな人がいたため、なかなか眠れなかったね。辛かったよ。それでもライダーハウスやゲストハウス、ユースホステルに集まる人たちは、同じ旅人の方が多いため、情報交換や旅の話で盛り上がったりして楽しかったね。

その他には、各自治体が時々発表しているキャンペーンなどでもらえるクーポン券を利用すると良いでしょう。

クーポン券の中には宿泊費用の割引や食事券などが含まれていたりして大変お得です。

旅の計画段階で訪れる旅先の自治体(国、市町村など)や観光協会のホームページなどを調べてみるとお得なキャンペーンを行っている可能性があります。

こーさん
こーさん

2020年にとある旅館へ宿泊した時は、GoTOトラベルと自治体のキャンペーンを併用して普段なら数万円レベルの旅館を2,000円~3,000円ぐらいで宿泊できたね。

また、宿泊先を旅先で探す場合には、自治体の観光案内所を利用するとスムーズに調べることができます。

私は5日以上の旅をする時は、天候などの急変で旅のスケジュールを変更する必要が出てくる可能性があるため、4日目以降の宿泊先について旅先の観光案名所を活用して調べていたりします。

旅先によっては宿泊先が少なく、選択肢がほとんどない場合もありますので、宿泊先選びは計画段階でよく検討しておきましょう。

観光費の節約

旅の大きな目的の一つが観光になる人は多いと思います。

普段行けない観光地を訪ねた場合は、次にいつ来れるかわかりません。

そう考えると観光費を節約するのは困難です。

そこで、どうしても観光費を抑えるためには発想を変えてみます。

例えば、無料の観光地を訪れるのが一番費用対効果が高いですね。

日本各地には無料の観光地が結構ありますので、そのようなスポットを調べて訪れてみるのも楽しいね。

観光地ではないけれど日本には四季折々で綺麗な自然を眺めることができるスポットがたくさんあるため、とても幸せだね。

インターネットなどで調べてみると、そのような場所を簡単に特定できますね。

私の場合は1日当たりの観光費は0円~2,000円で考えています。

どうしても訪れて見たいところはともかく、なるべく費用が掛からないところを訪れて、十分に楽しい良い思い出を作れていますね。

こーさん
こーさん

自転車旅では、ただ道を走って周りの風景を眺めているだけでも十分旅を漫喫できるね。必ずしも観光する必要はないため、特に観光目的でない場合は、走ることに専念すれば良いと思うよ。

【観光地あれこれ】

日本全国には魅力的な観光地がたくさんあります。どの土地にいっても何か一つは観光スポットがあるため、一生をかけても全て見て周ることは難しいですね。私が旅で訪れた観光地の一部を下記記事で紹介します。

交通費の節約

基本的に自転車旅では、自転車で各地を訪れるため、交通費の発生は少ないです

しかし、旅先や旅のスタート地点へ到着するまでに公共交通機関を利用して輪行を行なったり、旅のゴール地点から自宅へ戻るために公共交通機関を利用することは良くあります。

旅の計画を立てる時には、公共交通機関のキャンペーンがされていないか必ず調べましょう。

こーさん
こーさん

私が今年の3月に高知県へ訪れた時は、高知県の観光情報サイトより、交通費の割引ができるクーポン券(高知観光リカバリーキャンペーン)を使用したね。

インターネットを使用した情報収集が効率的ですので、旅の計画を立てるときは交通費を抑えることができないか検討しましょう。

お金を節約して旅を楽しもう

自由気ままに旅を続けて行くためには、必ずお金が必要であり、旅の費用が発生します。

できるだけ費用を抑えて旅をするには、どのようにすれば良いのか「食費、宿泊費、観光費、交通費」の一つ一つについてお話しました。

旅の費用は、何でもかんでも節約するのではなく、自分が絶対に必要と思うところは許容できる範囲で使っていかないと旅の楽しみは半減するでしょう。

節約のやりすぎには注意しよう。節約のやりすぎで旅そのものが楽しめなければ意味がないよ。

自転車旅では、少ない費用でも十分にしっかりとした計画を立てる事で、満足度の高い旅を行なうことができ、旅の魅力にはまる事間違いなしです。

タイトルとURLをコピーしました