旅の体験談

八重垣神社の不思議な占い、鏡の池で縁結びにチャレンジ

八重垣神社の占い

神話に縁あるパワースポットが多数ある松江・出雲地方において、女性に大人気な縁結びスポットの一つが「八重垣神社(やえがきじんじゃ)」です。

特に境内の森にある神秘的な鏡の池に注目しましょう。

その池では、半紙を浮かべて縁を占う不思議な占いが大人気。

全国から多くの参拝者が訪れています。

祀られている神様は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)と稲田姫命(いなだひめのみこと)の夫婦神であり、日本神話「ヤマタノオロチ」に登場した神様たちで有名ですね。

そのため、良縁や子宝に恵まれるスポットしても知られています。

良い縁に恵まれたい人は、是非足を運び不思議な占いで導かれてみて下さい。

きっと良い縁に恵まれるかも。

本記事では、八重垣神社の紹介と鏡の池による占いについてお伝えします。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • 占いが好き
  • 縁結びのパワースポットに興味がある
  • 八重垣神社の鏡の池の占いを知りたい
  • 八重垣神社へ訪れてみたい

ヤマタノオロチ退治の由緒ある「八重垣神社」とは

八重垣神社(やえがきじんじゃ)は、島根県松江市佐草町に鎮座する由緒正しい古社です。

この神社は、日本神話で語り継がれているヤマタノオロチの伝承に深く関わっています。

御祭神の一人である稲田姫命(いなだひめのみこと)がヤマタノオロチの難を避けるために避難した場所なんですね。

八重垣神社の鳥居

拝殿裏の佐久佐女(さくさめ)の森にある大杉を中心に、幾重もの垣根(八重垣)を造り、ヤマタノオロチから身を隠したと言われています。

その後、ヤマタノオロチを退治した素盞嗚尊(すさのおのみこと)が稲田姫命と結ばれたのは言うまでもありません。

その際、稲田姫命の両親の承諾を得て、きちんと正式な結婚をしました。

境内には、その両親を祀っている社もありますよ。

夫婦でこの地に宮造りをされたことから、縁結びのご利益があります。

こちらが八重垣神社の全体図。

八重垣神社の地図

見て分かるように拝殿・本殿から少し離れた所に佐久佐女の森があります。

この森の奥には、鏡の池があり良縁を願う若い女性に大変人気があるスポット。

尚、女性だけでなく男性にも縁を結んでくれますのでご安心下さい。

是非、夫婦神のご加護にあやかってみては如何でしょうか。

【縁結びスポットあれこれ

日本全国には、数多くの縁結びスポットが点在していますね。旅先で訪れたそんな場所を下記記事で紹介します。

拝殿へ参拝後、神札授与所にて占い用紙を頂く

八重垣神社の入口前へ辿り着いたら、鳥居の前で一礼して通り抜けましょう。

手水舎で手と口を清めた後に隋神門を通って拝殿へ。

八重垣神社(拝殿)
八重垣神社(拝殿)

参拝方法はニ礼ニ拍手一礼。心を込めて願いましょう。

ちなみにこちらが本殿です。

八重垣神社(本殿)
八重垣神社(本殿)

江戸中期に造られたものだという。

参拝し終えた後は、近くにある神札授与所へ向かいます。

授与所では、鏡の池で使う占い用の薄い半紙を1枚100円で授かれますよ。

半紙
半紙

尚、半紙は重ねていますので、上から順番に取ることが大事。

それが、あなたにご縁がある占いとなる訳です。

神札授与所が開いている時間は、季節によって変わります。

  • 4月~11月は、8:30~17:30
  • 12月~3月は、9:00~17:00

鏡の池の行き方

案内板に従い、拝殿の奥へ向かうと門が見えてきました。

門を通過して階段を下りた先には、橋が架けられていますので、橋を渡り奥へ進みます。

佐久佐女の森へ向かう道

すると、神話の舞台となった佐久佐女の森へ到着。

森の中へ入ると、清々しく凛とした空気を感じますね。

緑豊かな樹木に囲まれた道を歩いていると、大杉の跡を発見。

樹木に囲まれた道
大杉の跡
大杉の跡

ここがヤマタノオロチから身を隠すために幾重もの垣根を作った中心地なのですね。

そのような背景を知っていれば、見える景色も違ってきます。

大杉の跡から少し歩けば、鏡の池へ到着しました。

拝殿から約5分程度で辿り着くためため、距離が短いのは素直に嬉しい。

私が訪れた日は、鏡の池に多くの参拝客が集まっていました。

鏡の池の近く

流石は人気の縁結びスポットです。

鏡の池の水は、稲田姫命が飲料水として使っていたという。

また、池の名前の由来は、稲田姫命が鏡代わりに自分の姿を池に映していたことから付けられたそうです。

池の水はエメラルドグリーン。

その神秘的な雰囲気が堪りません。

早速、池に授与所で授かった半紙を浮かべ占いにチャレンジ。(詳しくは後述します)

果たして、その結果はどうなるでしょうか。

鏡の池で縁結びにチャレンジ

鏡の池での占い方法は、実にシンプルです。

占いを行う前に、池の前で一度深呼吸をして心を落ち着けましょう。

そして、占い用の半紙をそっと池の上に浮かべ、半紙の中心部に10円又は100円を載せて下さい。

八重垣神社の占い

心の中で叶えたい願を1つだけ唱えます。

欲張り過ぎて沢山のお願い事はしない方が良いかも。

謙虚な心がけは大事です。

後は半紙が沈むの待つだけ。

15分以内に半紙が沈めば、その縁は早く結ばれ、30分以上かかれば縁遠いという

つまり、15分間の真剣勝負!

また、手前で沈めば近くの人と縁があり、遠くで沈めば遠くの人(まだ出会っていない相手)と縁があるそうです。

池に上に浮かんだ半紙は、風に揺られながら、水面を移動しますので、遠くに流れてしまう可能性がありますね。

参拝客が多いと水面に半紙が沢山浮かんでいたりするので、自分の半紙を見失いように。

尚、水に浸した半紙には、お告げの文字が浮かびますよ。

しっかりお告げを確認しておきましょう。

縁の占い

半紙を浮かべて、5分経過しましたが何も変化がありません。

8分経過してもまだ沈みません。

10円を置いた中心部に水が溜まっているので、いずれは沈むように思えますが、時間が時間だけに少し焦ります。

水が溜まってきた半紙

水面には、元気よくアメンボが動き回っていました。

出来ればアメンボではなく、イモリが横切ってくれると嬉しいですね。

この森には、野生のイモリが生息しており、占いの際中にイモリが半紙の近くを横切ってくれたり、半紙に触れられた場合は、良い縁に恵まれると言われているんですよ。

占いをする方からしてみれば、イモリが訪れたら超ラッキー。

こんなにもイモリに会いたいと思うのは、他にはないかも。(笑)

10分経過すると、半紙の状態に劇的な変化が表れ、遂に沈み始めたのです。

沈み始めた半紙

思わずガッツポーズ。ついにやり遂げました。

鏡の池の奥には、稲田姫命を祀る天鏡(あめのかがみ)神社が鎮座しています。

天鏡神社
天鏡神社

立ち寄ってお詣りしておきましょう。

この占いは、男女の縁に限らず仕事など様々な縁も占えるので、是非チャレンジしてみて下さい。

また、半紙に浮かんだお告げが、今後のあなたの運勢を変えるかも知れません。

以下に鏡の池の占い方法をまとめました。

鏡の池の占い方法
  1. 池の上に半紙を浮かべ、半紙の中心部に10円又は100円を載せる。
  2. 半紙が沈むのを待つ。

【珍しい占いや参拝方法のある神社仏閣

八重垣神社のように珍しい占いや参拝方法がある神社仏閣は面白いですね。下記記事では、珍しい作法がある神社仏閣を紹介します。

神聖視される夫婦椿

八重垣神社には、夫婦椿と呼ばれる神聖な椿がありますよ。

稲田姫命がその昔、御立てになった2本の椿が芽吹き地上で1本にくっついたという。

その姿が、仲良く寄り添う夫婦のように見えることから夫婦椿と呼ばれています。

この夫婦椿は、全部で3ヶ所に生えているのでお見逃しなく。

1つ目は、八重垣神社の入口前の駐車場近く。

夫婦椿
夫婦椿

見ているだけでパワーをもらえそう。

3つの夫婦椿の中で一番迫力を感じました。

2つ目は、境内の中、拝殿の左側にあります。この夫婦椿は「乙女椿」と呼ばれていますね。

夫婦椿(乙女椿)
夫婦椿(乙女椿)
椿の花

夫婦椿の凄いのは、たとえ木が枯れたとしても、また二股の椿が生えてくるところ。

こんな不思議な椿が存在するなんて、実に神秘的です。

それだけ愛の力が強いと言うことでしょうか。

3つ目は、佐久佐女の森の中。この夫婦椿は「子宝椿」と呼ばれており、花が咲く時期になると、何故か同じ場所に複数の椿が群生するそうです。

夫婦椿(子宝椿)
夫婦椿(子宝椿)

3月下旬から5月上旬まで、真っ赤な椿が咲きますよ。

日当たりが決して良いとは言えませんが、大きく育つ椿は、特別な力が働いているとしか思えません。

夫婦椿の不思議なことはまだあります。

春頃になると2枚の葉がくっついた不思議なハート型の葉が落ちてくることも。(毎年ハート型の葉が落ちる訳ではありません。)

そんな場面の遭遇したら、幸せが訪れる予感がしますね。

神聖な樹木たち

夫婦椿のような神聖な樹木は素晴らしいですね。そんな樹木が生えている観光スポットを下記記事で紹介します。

境内を散策しよう

八重垣神社の境内を散策してみましょう。

まず紹介するのはこちらの狛犬。

狛犬
狛犬

この地方の「出雲構え型」が特徴的です。

かなりの年月が経過していることが一目で分かりますよ。

製作年代は不明ですが、江戸時代かそれ以前に作られたのは間違いないでしょう。

一説によると室町時代に作られたそうです。

境内には、和歌が刻まれた石(歌碑)が沢山あります。

一つ一つ見て回りましょう。

こちらの歌碑には「八雲立つ出雲八重垣妻籠に八重垣つくるその八重垣を」と刻まれていました。

歌碑
歌碑

素盞嗚尊(すさのおのみこと)が、ヤマタノオロチを退治してスガの地にて詠まれた日本最初の和歌だそうです。

この歌は「出雲」の国名の由来になっているとか。

こちらの歌碑には「木枯や神のみゆきの山の跡」と刻まれています。

歌碑
歌碑

松平雪川公(出雲松江藩の第7代藩主松平不昧の弟)献碑と伝えられており、朝雲という人の詠んだ句を刻んでいるそうです。

まだ沢山の歌碑がありますので、是非自分の目で確かめてみて下さい。

境内には、宝物殿(1人200円)もありました。

宝物殿
宝物殿

この宝物殿には、素盞嗚尊や稲田姫命など6人の神様の絵が飾られています。

今から約1,100年前の平安時代に描かれたものであり、重要文化財になっている貴重なもの。

是非、足を運んで神様のご尊顔を確認してみては如何でしょうか。

尚、宝物殿の中は撮影禁止なので気を付けましょう。

先ほど紹介した乙女椿の隣りにある山神神社では、ある意味とても目立つものがありました。

山神神社
山神神社

こちらの神社の効能は「授児・子宝・下の病に御加護あり」のため、男性のシンボルがあっても何も不思議ではありません。

沢山奉納されているので、探してみるのも面白いかも。

本殿の両隣りには、小さな社が鎮座しています。

こちらは手摩乳神社(てなずちじんじゃ)。

手摩乳神社
手摩乳神社

稲田姫命の母親を祀っていますね。

本殿を挟んで反対側には、稲田姫命の父親を祀る脚摩乳神社(あしなずちじんじゃ)がありました。

奥様の両親に両脇を固められた素盞嗚尊は、決して悪いことは出来ないでしょう。(笑)

八重垣神社の基本情報とアクセス

住所島根県松江市佐草町227
電話番号0852-21-1148

【アクセス】

  • JR松江駅よりタクシーで約15分
  • JR松江駅から八重垣神社行きの市営バスに乗って、八重垣神社のバス停で下車後直ぐ(バスの乗車時間は約20分)
  • 山陰道(松江道)松江中央ICより車で約6分

八重垣神社の駐車場

八重垣神社の無料駐車場は3ヶ所あります。

大型の専用駐車場と佐久佐女の森の入口前にある駐車場は広く、合わせると普通車で約150台ほどは駐車できますね。

また、大型の観光バスも駐車できますよ。

宝物収蔵庫前の駐車場は、正面の鳥居から少し進むとあるので分かりやすい。

しかし、駐車スペースは狭く収容台数は4台です。

その内2台は、障害者用に駐車スペースになっています。

まとめ

八重垣神社

八重垣神社は、松江・出雲地方において有名な縁結びスポットの一つです。

境内の森にある神秘的な鏡の池で、半紙を浮かべて行なう占いを是非試してみて下さい。

なかなか半紙が沈まなかったりすると、ドキドキを味わえますよ。(笑)

また、占いだけでなく夫婦椿や歌碑など見所も多いです。

神聖な空気が漂う境内を歩きながら、神様へご挨拶して参りましょう。

タイトルとURLをコピーしました