旅の体験談

前島でサイクリング、牛窓町からわずか5分で行ける瀬戸内の離島

前島にある海が見える道

日本のエーゲ海と呼ばれている牛窓の海に浮かぶ小さな島「前島」へ訪れてみませんか。

牛窓町からわずか5分の船旅で向える瀬戸内の離島であり、お手軽に非日常を漫喫できます。

日本夕日百選に選ばれている展望台から夕陽を眺めてみましょう。

本記事では、前島をサイクリングしながら、お立ち寄りスポットを紹介します。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • 島旅に興味がある
  • 前島について知りたい
  • 離島でサイクリングを堪能したい

前島とは

前島は、岡山県瀬戸内市牛窓町のすぐ沖合に位置している面積約2.42キロ平方メートルの離島です。

© OpenStreetMap contributors

この前島は「緑島」とも呼ばれており、美しい松林などが残る自然豊かな島であることから、島全体が国立公園になっています。

また、古名が塵輪島(ちりわじま)であり、この名前は牛窓町に伝わる牛鬼伝説の塵輪鬼が由来です。

外周約8kmしかないため、お手軽にサイクリングができる島であり、海岸線は適度なアップダウンが続いているため、走りごたえがありました。

前島の道路

前島では、大坂夏の陣で跡形もなく焼けてしまった大坂城の再築のために石垣を切り出した丁場の跡地が残っています。

その跡地の先にある島内で最も高いところに設置した「前島展望台」は、抜群の眺望を誇るおすすめスポットです。

岡山県内でも有数の釣りのスポットであり、夏には海水浴やシーカヤックなどマリンスポーツを漫喫できます。

【島旅あれこれ】

瀬戸内海には前島の他に約700以上の大小様々な島が浮かんでいますね。下記記事では、そんな島へ上陸して旅した記録を紹介します。

前島へ行く前に注意すること

前島をサイクリングする場合に注意しておきたいのは、島内にはコンビニなどの商店はありませんので、事前に補給食は用意して置きましょう。

尚、自動販売機はサイクリング中にほとんど見かけませんでした。

そのため、島内には数台しかないと思われます。

前島へのアクセス、フェリーに乗って前島へ行こう

前島へ向かうには、牛窓港から出航するフェリーへ乗りましょう。

前島へ向かうフェリー乗り場

フェリーは基本的には、6:00~21:00の間で1時間に1本しか運行されていないため、出航時刻には注意が必要です。(1時間に2本運行している時間帯もあり)

牛窓港からは6:30(1/1、1/2以外)からフェリーの運行を開始し、7:00~21:00の間は7:10から1時間間隔で運行しているよ。但し17:00だけは17:30に運行しているね。

運賃は船に乗った後で船員へ直接支払うシステムですね。

前島フェリー

前島フェリーの運賃

  • 旅客料金(往復):大人240円、小人120円
  • 自転車込みの料金(往復):大人360円、小人240円
  • 原付自転車(往復):480円

※車の運賃については、前島フェリーの公式ホームページでご確認下さい。

牛窓港からわずか5分足らずで前島へ到着するため、船に乗った後で、船員へ料金を支払ってりしていると、あっという間に前島へ到着しました。

レンタサイクルを借りよう

自前の自転車がない場合は、前島のフェリー乗り場でレンタサイクルが借りられます。

前島のフェリー乗り場

電動アシスト自転車ですので、坂道も楽ちんですね。

レンタサイクル

電動アシスト自転車(4時間):800円

前島へ到着後の確認事項

前島のフェリー乗り場へ到着したら、サイクリングをスタートする前に帰りのフェリーの出航時刻を確認しておきましょう。

前島は1周約8kmと距離は短いですが、展望台などへは途中から徒歩で向ったりするため、観光なども含めると2時間~3時間ほどみておくと余裕が持てて行動できます。

前島のマップ

こちらはサイクリング中に発見した前島のマップです。

島のほぼ中心部にある展望台やその周辺にある大坂城築城残石群は、途中から自転車で上るのはかなり困難なため、徒歩で進むことになります。

前島をサイクリングしながら見所を紹介

フェリー乗り場周辺の作品

サイクリングを開始する前にフェリー乗り場周辺には、アート作品が展示されていますので見学していきましょう。

こちらは、フェリー乗り場の外に設置されていた絵画です。

前島から見た牛窓町の光景が良く表現できていますね。

こちらは、浮き玉を使用したアート作品です。

前島フェリー乗り場周辺に展示されている作品

個人的にはこのような作品は大好きですね。

浮き玉の作品を見ているとアート島と呼ばれている直島でサイクリングしたことを思い出しました。

直島にもたくさんの浮き球で作られた作品が島の至るどころに点在していましたが、私が前島でサイクリング中に発見できた作品は、フェリー乗り場周辺にあった物だけです。

アート作品を楽しんだ後は、よいよサイクリングを開始しましょう。

【アート作品やオブジェあれこれ】

旅を続けていると道中でアート作品やオブジェを見かけることが多いですね。下記記事では、今まで見かけたアート作品などを紹介します。

キャベツ畑の眺め

前島の道路

前島では冬季にキャベツや白菜などを栽培し、夏季にはカボチャなどが栽培されます。

私が訪れた日は、至るどころでキャベツ畑を発見し、畑を見る度に不思議とテンションが上昇した次第です。(笑)

前島のキャベツ畑

また、瀬戸内海の絶景と広大なキャベツ畑の組合せは、実に見応えがあり、しばらく眺め続けていたりしました。

キャベツ畑

サイクリングをしていて気が付いたのですが、前島の西部に畑が多く、住宅地も多くみかけます。

反対に東部は自然豊かな山林ばかりですね。

展望台へ向かう道中の景色

こちらは城ヶ鼻にある灯台です。この灯台は、海を挟んで向こう側に見える牛窓町から良く見えますね。

城ヶ鼻

島内は余り広くなく所々に案内板が立てられていますので、道に迷っても安心です。

展望台へ向かう道はほぼ上りですね。尚、東部の海岸線は適度なアップダウンとなっています。

道中で見つけたキツネさんからの「休んでいかれえ!」の言葉に思わず笑みが浮かびました。

上り道が続いたりしますが、所々で海の景色が眺められるため、それほど疲れは感じません。

穏やかな瀬戸内海を眺めていると心が落ち着きますね。

【サイクリストの管理人からの一言】

自転車で坂道を楽に上るには、運転技術の向上が必要となります。また、電動アシスト付き自転車を使えば楽に上れますね。下記記事では、自転車の運転技術と電動アシスト付き自転車についてお話します。

大坂城築城残石群へ行こう

大坂城築城残石群へ向かう遊歩道は、入口前に看板が立てらているため直ぐに気付きます。

こちらが大坂城築城残石群と前島展望台へ向かう地図になります。赤ラインまで自転車で走り、下側の残石群の近くで自転車を止めましょう。

前島の遊歩道地図

© OpenStreetMap contributors

青ラインは遊歩道になっており、徒歩で上側の残石群と前島展望台を目指します。

尚、赤ラインの先に続く道は行き止まりとなっていました。

こちらは、上地図で示した下側の残石群です。見事な石が転がっています。流石は城の石垣候補になっていた石たちですね。

こちらは遊歩道入口前にあった残石群の地図です。

この地図を見てわかるように前島では、A~D地区まで4つの丁場が確認されています。

今後の調査次第では更に発見される可能性がありますね。

こちらの詳細地図により、階段を上がった途中で奥の道へ進むことがわかります。

早速遊歩道を上って進んで行くと、約1分ほどで残石群の入口へ辿り着きました。

江戸時代(1620年~1629年)に徳川家により再建された大坂城の石垣用の石を切り出す石切り丁場の遺跡です。

石には、矢穴が一直線に入った物や大割にした物、整形後に山から引き下ろす寸前の物まで様々な形で残されています。

それらの石を眺めていると、つい最近まで作業をしていたのではないかと思われる感覚に陥りました。

これらの残石には刻印が刻まれている物もあり、当時の松江藩堀尾家や鳥取藩池田家が前島の石切り丁場へ関わっていた証拠になっています。

道中にあった橋は、橋の入口を紐で塞がれているため渡ることができません。

橋の向こう側にも石切り丁場の遺跡があるみたいですが、橋を渡れないのでは仕方がありません。

残念ですが残石見学は中断した次第です。

前島展望台の絶景

先ほど紹介した大坂城築城残石群があった場所から更に上ること約4分、前島展望台へ辿り着きました。

この展望台は木造3階建てになっており、周りの山の景観に溶け込んでいるように感じます。

3階まで上ってみると「牛窓新八景」に選ばれている目印の浮き輪を発見。

私は牛窓新八景の一部しか訪れたことがないですが、機会があれば全て見て周りたいですね。

こちらが展望台からの景色です。前島が一望できるビュースポットになっています。

また、前島周辺にある黄島や黒島を始め犬島、小豆島、豊島、淡路島などが見えますね。美しい多島美を満喫しましょう。

展望台から見える多島美

もちろん牛窓町の町並みも見渡せます。

カメラのズーム機能で拡大した写真がこちら。牛窓町は前島に本当に近いと言うことが良くわかりますね。

この展望台からの光景は、日本の夕日100選に選ばれており、幻想的な光景を眺めることができるそうです。

【展望台あれこれ】

前島展望台のように絶景を見渡せる展望台は、日本各地に点在してますね。下記記事では、旅先で訪れた展望台を紹介します。

夕日公園の光景

個人的には、是非訪れて欲しいスポットが夕日公園ですね。

夕日公園は前島の西側に位置しており、夕日が綺麗に見えるビュースポットとして知られています。

「ここにベンチがあったらいいよね」そんな一言から園内には、たくさんのベンチが設けられました。

ベンチに座って瀬戸内海を見渡せば、黒島や中ノ小島を始め、遠くには犬島や豊島などが見えますね。

こちらの写真の左側へ写っている「黒島」は、干潮時にロマンチックな全長800mの砂の道が出現し、右側に写っている「中ノ小島」と繋がります。

更に「中ノ小島」と中ノ小島の西側へ位置する「端ノ小島」を繫ぐ砂の道も浮かび上がるのです。

この砂の道は「黒島ヴィーナスロード」と呼ばれており、恋人たちのパワースポットになっています。

小豆島の有名なエンジェルロードと同じ「トンボロ現象」だね。

牛窓町にある「ホテルリマーニ」の桟橋から黒島へ送迎ボートが出ていますので、黒島ヴィーナスロードを歩ける日をこのホテルの公式ホームページでご確認下さい。

前島の駐車場

前島のフェリー乗り場の直ぐ近くには無料駐車場があります。

まとめ

前島は、お手軽に離島サイクリングが楽しめるスポットです。

特に夕日が綺麗に見えるスポットが多くありますので、狙ってその時間帯に訪れてみると良いでしょう。

瀬戸内海と広大なキャベツ畑を同時に間近で見られる貴重なスポットであり、瀬戸内海の多島美を含め十分に楽しめます。

タイトルとURLをコピーしました