お役立ち情報

ママチャリで痛くないサドルの正しい選び方

ママチャリで正しいサドルの選び方

ママチャリのサドルを自分で選んだことがありますか。

ママチャリを含め自転車のサドル選びは本当に難しいですね。

もし、ママチャリの運転中にお尻が痛くなるのでしたら、そのサドルはあなたのお尻の骨盤と相性が悪いかも。

それでは一体、どのようなサドルを探せば良いのでしょうか。

本記事では、ママチャリでサドルを交換する時役立つ、サドルの選び方についてお伝えします。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • ママチャリの運転中にお尻が痛くなる
  • ママチャリのサドルを交換したい
  • ママチャリのサドルの選び方を知りたい

自分のお尻に合ったサドルを選ぼう

ママチャリのサドルは、購入時のまま使用している人が多いですね。

特に不満がなければ、そのまま乗り続けて下さい。

しかし、ママチャリの運転中にお尻が痛くなるのでしたら、そのサドルについて少し考えてみましょう。

サドル

まずは、いきなりサドルを交換するのではなく、サドルの高さや角度を調整することで痛みが解消するかも知れません。

サドルを交換する主な原因は、お尻の痛みかサドル自体が破損した場合です。

お尻の痛みだけでなく、サドル自体が衝撃で壊れてしまったり、表面の合皮などが破けた影響で、中のクッションに水が溜まり大変な思いをした人もいるでしょう。

どちらにしろ、自分のお尻に合ったサドルを選ぶ必要があります。

サドルを選ぶに当たり、機能とデザインに注目して選ぶと末永く使えますね。

お気に入りのママチャリに、自分のお尻と相性抜群のサドルをフィットさせると満足度が高まります。

サドルに座ってお尻が痛い原因とは

残念ながら、万人に満足できるサドルはないため、ママチャリの運転中にお尻が痛くなるならば、サドル交換などを考える必要があります。

痛みを我慢してしばらく乗り続けていると、お尻が慣れて解決したりしますが、ずっと慣れない場合もありますね。

それは、あなたのお尻とサドルの相性が合っていないからです。

具体的にお尻が痛くなる主な原因を挙げると以下の2つになります。

ママチャリのサドルに座ってお尻が痛くなる原因

  • お尻の骨盤とサドルの形状が合っていない
  • サドルの素材が硬いため、お尻と相性が悪い

サドルは「お尻を座らせる」ところと思っている人も多いようですが、「お尻を乗せる」と言った方が適切ですね。

サドルに体重をかけ過ぎる乗り方をしていると、どんな乗り方をしていても走る距離よっては、最終的にお尻が痛くなります。

ロードバイクなどスポーツ系自転車に乗っているサイクリストならばイメージが付きやすいと思います。

【トラブルあれこれ】

お尻が痛いのもトラブルですが、それ以外にも自転車に乗っていると様々なトラブルに出会いますね。下記記事では、トラブルの原因と対処方法についてお話します。

サドルを交換する前に試してみて欲しい事

「お尻が痛い」からと言って、いきなりサドル交換をするのではなく、まずはサドルの高さや角度を調整して様子を見てみましょう。

新しく買ったママチャリをそのまま使用していたり、感覚でサドルの高さを調整したりしていると、本当にその高さが自分に合っているのかわかりません。

サドルの高さを調整することで、お尻にかかる負荷が軽減し、痛みが解消したりします。

ペダルを最もスムーズに漕ぐためには、「ペダルが一番下にきた時に、膝がやや曲がるくらいの高さ」でサドルの高さを調整しましょう。

この高さで快適にママチャリを走らすことができますが、ママチャリの本来の役割は通勤や通学、買い物などで使用することですね。

そのため、直ぐに立ち止まれることが重要なため、この適切な高さから更にサドルを1cm~3cmほど下げることで、より安全性を重視できます。

角度に関しては、地面と水平であることが一般的ですが、調整することで痛みが和らぐことがありますね。

ママチャリ系のサドルの特徴

ママチャリのサドルの特徴の一つは、ロードバイクのようなスポーツ系自転車のサドルと違い、お尻を乗せる部分が広いです。

ママチャリのサドル

本来ママチャリは、ママチャリの語源から分かるように、ママ用の自転車として作られていました。

一般的に男性より女性の方がお尻が広いようなので、お尻を乗せる部分は広く作られています

また、サドル自体に厚さがあり、衝撃を吸収してくれるスプリングがサドルの下側に付いている特徴があります。

ママチャリのサドルは機能とデザインで選ぼう

ママチャリのサドルを新たに買う場合は、機能とデザインを確認しましょう。

ママチャリ用のサドルで確認すべき点を挙げると、クッション性と通気性が重要になります。

尚、クッション性はサドルの厚さと素材で決まりますね。

サドル表面とクッション部で素材が分かれていることが多く、サドル表面は合皮が多いです。

中には本皮製もありますが、メンテナンスが大変なため、お勧めはしません。

クッション部には、ウレタンや低反発素材などが使用されています。

一般的にウレタンは、リーズナブルなためお勧めできますが、一番大事なのは実際に乗り続けた場合に自分のお尻に合っているかですね。

通気性に関しては、サドルの形状次第です。

ママチャリ用のサドルでは余り見かけることがありませんが、スポーツ系自転車のサドルには、サドルの中心部に縦長の穴が空いていたり、溝が空いていたりします。

このように中央部が空洞になっていると、通気性の向上が認められますね。

サドルはクッション性と通気性により、乗り心地が変わってきますので、そこを踏まえて以下に挙げることを考慮してベストな一品を見つけてみましょう。

サドル選びのポイント

  1. お尻を痛めない柔らかさ
  2. ペダルを漕げる程度のボリューム
  3. 長時間座っていても蒸れにくいこと

その他にサドルのデザインが大切になりますが、残念ながらそれほど多くの選択肢はありません。

強いて言うならば、ママチャリ本体に合う色のサドルを選ぶか、サドル表面のプリントに拘ることでしょうか。

サドル表面の色は、ブラックやブラウンが一般的です。

ママチャリ全体に合わせて、似合っているデザインの物を選択しましょう。

【サドルの乗り味を確かめてみよう】

交換したサドルの乗り味をサイクリングロードで確めてみませんか。下記記事では、ママチャリでも走りやすい主に平坦路のサイクリングロードを紹介します。

痛みの解消だけではない、サドルカバーの使い方

お手軽にお尻の痛みを解消する方法として、クッション付きのサドルカバーがありますね。

このサドルカバーには、お尻の痛みを解消する以外にも使い方があることをご存じでしょうか。

それは、ママチャリへ乗り続けていると、サドルの破れや割れなどで劣化しますので、予めサドルカバーをして劣化を防止することです。

サドルカバーの中には、雨対策用に防水・撥水タイプの物がありますので、突然の雨にも安心できますね。

また、お洒落で可愛い絵柄の物も多数用意されているため、ママチャリの雰囲気を変えることにも役立ちます。

スヌーピーやくまのぷーさんなど可愛らしいキャラクターやカラフルでお洒落な柄物を選べば、個性的で遠目からでも自分のママチャリが分かりやすいです。

サドルカバーをすることで、サドルの劣化を防止し、見た目を変えることができます。

サドルカバーは、通勤・通学、買い物など短距離しか自転車を使わない場合に使おう。長距離を走る場合には向いていないよ。

通販でサドルを購入する時に注意する事

インターネットを使って、Amazonや楽天などからサドルを通販で購入する時は、サドルにシートポストが付いているか確認しましょう。

サドルとシートポスト

ママチャリのシートポスト径は、1インチ(25.4mm)と共通なため互換性については余り心配する必要はありません。

そのため、シートポストの有無が焦点になります。

シートポストが付いていない場合は、サドルのみが配送されてくるため、シートポストへの取り付け作業を自分で行わなければなりません。

それほど難しい作業ではありませんが、シートポスト付きのサドルと比べて手間がかかります。

作業の手間を気にしないのであれば、特にシートポストの有無に拘る必要はないでしょう。

自分と相性の良いサドルを見つけよう

お尻の痛みが酷くなったり、サドル自体が破損したりすると、サドルの交換を考えたりしますね。

新しくサドルを選ぶに当たり、機能とデザインに注目して選ぶのがポイントです。

また、短距離しか走らないのでしたら、サドルカバーをすることで、お尻の痛みの解消とサドルのデザイン変更が一変にできたりしてお得感がありますね。

自分のお尻と相性の良いサドルを見つけ、お気に入りのママチャリを末永く乗り続けましょう。

【サイクリングを趣味にしよう】

ママチャリに乗り続けていると、サイクリングへ出かけたりしたくなりますね。いっそうのこと、サイクリングを趣味にしてみませんか。下記記事では、サイクリングを趣味にすることについてお話します。

タイトルとURLをコピーしました