知識

飲酒運転の罰則はかなり重いです。自転車も例外ではありません。

飲酒運転の罰則はかなり重い

自転車は誰もが気軽に乗れる乗り物です。

特に運転免許は必要ありません。

そのため、自転車は車両の仲間と認識していない人も一定数いるでしょう。

例えば、会社の飲み会でお店までの移動方法を訪ねられ「自転車で行くよ」と答えると、「お酒を飲んだ後は、自転車に乗って帰宅しては駄目だよ」と言われた経験がありませんか。

自転車は立派な軽車両であるため、車と同じくお酒を飲んで自転車に乗ると飲酒運転に該当します。

大変危険な行為であるため絶対にしてはいけません。

近年、自転車のあおり運転など無謀な運転で警察による取り締まりも強化してきています。

無謀な運転の中にはもちろん飲酒運転も含まれるのです。

もし飲酒運転をした場合、どのような罰則があるのかご存じでしょうか。

本記事では、自転車に乗っている人であれば必ず知っておくべきである自転車の飲酒運転の罰則についてお話します。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • 自転車で飲酒運転した場合の罰則を知りたい
  • 酒酔い運転と酒気帯び運転の違いを知りたい
  • 酒を飲んでも自転車を手押しすれば問題ないのか知りたい
  • 飲酒後に自転車をどうすれば良いのか知りたい

飲酒したら絶対に自転車を運転してはいけません 

自転車の飲酒運転は道路交通法により明確な違反とされています。

そのため、違反者には罰則があります。

酒酔い運転と酒気帯び運転の違いにより罰則は変わってきますが、逮捕される可能性もあるのです。

飲酒は正常な判断を狂わせ、視野が狭くなったりします。

そのような状態で自転車に乗れば、重大事故を引き起こす可能性が非常に高まるのです。

そのため飲酒運転には重い罰則が科さられています。

今後、罰則が重くなることはあっても軽くなることはないと私は考えていますね。

飲酒した場合は、絶対に自転車に乗らないよう気を付けましょう。

「飲んだら飲むな、乗るなら飲むな!」この言葉は車だけではなく、自転車にも当てはまるよ。

【自転車のルールあれこれ】

飲酒運転以外にも自転車のルールは沢山ありますので、下記記事でルールの一部をお伝えします。

自転車の飲酒運転におけるルールとは

道路交通法において車両に該当するのは、自動車、原動機付自転車、軽車両、トロリーバスになります。

ママチャリ

自転車は軽車両に分類されていて、立派な車両の仲間です。

軽車両とは原動機を用いない車両です。自転車の他には、リヤカー、馬車、牛車、荷車、人力車などがあるよ。

道路交通法第65条には「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」の記述があります。

この記述から分かるように、自転車の飲酒運転がNGだということは明確ですね。

また、車と同じく自転車を貸した人やお酒を提供した人も罰則の対象になります。

今まで知らずにお酒を飲んだ後で自転車に乗っていた人は、気を付けましょう。

飲酒運転に対する罰則など、自転車には多くのルールがあり、違反すると様々な罰則が科せられます。

飲酒運転の罰則・罰金

飲酒運転の罰則は大きく分けて2つに分けることができます。

それは、「酒酔い運転違反」と「酒気帯び運転違反」です。

アルコールが血液1mℓ中に0.3mg以上又は呼気1ℓ中に0.15mg以上となる場合は酒気帯び運転違反に該当します。

飲酒により、正常な運転ができない状態であれば酒酔い運転違反に該当するのです。

この2つの罰則・罰金についてお話しましょう。

酒酔い運転の罰則・罰金

自転車に乗って酒酔い運転違反に該当した場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

かなり重いですね。

酒酔い運転違反の判断方法として、真っすぐ歩けないとか、視覚や運動、感覚機能が正常でなければアウトになるよ。また、認知能力が低下していた場合もアウトだよ。

飲酒運転すると歩行者などに大きな損害を与える危険性が非常に高まります。

もし歩行者に被害を与えると刑事罰に加えて民事上の損害賠償責任も負うことになり大変な事になります。

過去の裁判では、自転車事故の損害賠償額が1億近くの判決がありました。

また、車と同じく自転車を貸した人やお酒を提供した人も罰則の対象になり、下記罰則・罰金が科せられます。

自転車を提供した人の罰則・罰金は、自転車の運転手が酒酔い運転違反した場合に5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。
お酒を提供した人の罰則・罰金は、自転車の運転手が酒酔い運転違反をした場合に3年以下の懲役又は50万円以下の罰金。

酒気帯び運転の罰則・罰金

自転車に乗って酒気帯び運転違反の場合は、特に罰則・罰金はありません。

ここが車とは違うところですね。

そのため、少しぐらいはお酒を飲んでも大丈夫と勘違いしている人はかなり多いと思います。

例え罰則がなくても酒気を帯びた状態で自転車に乗っていると警察官から厳重注意を受けますね。

夜の道路

2015年の道路交通法の改訂により自転車のルールは厳しくなってきました。

飲酒運転を含めて自転車で3年以内に2回以上の危険行為を繰り返すと都道府県公安委員会から「自転車運転者講習」を命じられます。(尚、講習は有料になります。)

罰則・罰金に関係なく飲酒した場合は、絶対に自転車に乗らないよう気を付けることが大事です。

酒気帯び運転の判断方法として、風船を用いたり、アルコールチェッカーや血液を採取して行う検査があるね。

車の運転免許証を停止される可能性がある

自転車に乗って酒酔い運転違反に該当した場合は、車の運転免許証が停止される可能性があることをご存じでしょうか。

これは、車の運転でも飲酒運転すると警察に思われるからです。

確かに自転車で酒酔い運転をするような人が車でもルールを守れるとは到底思えないですね。

都道府県の条例によって対応は変わってきますが、過去には30日から180日の免停を言い渡された事例があります。

特に東京都や愛知県は厳しいようです。

自転車の酒酔い運転を何度も繰り返している人や人身事故を起こした悪質な違反者が運転免許証を所持している場合は、警察の判断次第で免許停止処分を受ける可能性があります。

【サイクリストの管理人からの一言】

飲酒運転だけでなく、普段から安全運転をしっかり行ないましょう。無理な追い越しや、下り坂で過剰なスピードを出したりしないよう心掛けて実践することが大切です。下記記事では自転車の運転技術について紹介します。

飲酒後に自転車を手押して歩くのは大丈夫なのか

飲酒後に自転車を押して歩くと、「免停になることはないけれど、何か罰則があるかも」なんて不安になる人もいるのではないでしょうか。

そんな心配は全く無用です。飲酒後に自転車を手押しすれば、罰金・罰則に課せられることはありませんのでご安心下さい。

どちらかと言うと、そのような行為をしている人は、模範的な運転者なので責められることは皆無です。

分かりやすく言えば、歩行者が大きめな荷物を押しているのと何も変わらないからですね。

飲酒後に自転車で帰宅する時に使える方法

「飲酒後に自転車はどうしよう。」と困っているあなたにお勧めの方法を伝授します。

それは、以下の2つの方法を使えば問題ありません。

自転車を手押して帰宅するのに距離がある場合は、是非試してみて下さい。

  • タクシーに自転車を乗せて帰る
  • 自転車を駐輪場に停めて帰る

タクシーに自転車を乗せて帰る

「タクシーに自転車を積めるの?」と疑問に思うのも無理はありません。

しかし、タクシーの運転車の了解があれば、載せることは可能です。

折り畳み自転車でしたら、普通にタクシーに詰め込める大きさまで小さくすることができます。

昔、私はタクシーの運転手にお願いして、タクシーのトランクにロードバイクを載せてもらったことがありますね。(この時、飲酒はしていませんでした。)

近年、サイクルタクシーが運行されており、自転車をそのままの状態で積めれます。

いざと言う時は、サイクルタクシーを手配するのも有りですね。

自転車を駐輪場に停めて帰る

自転車を手押して帰るのが難しい場合は、撤収されない場所に停めて帰宅する方法が良いでしょう。

撤収されない場所と言えば、真っ先に「駐輪場」を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。

駅には、だいたい駐輪場が整備されていることが多いため、駅まで手押しで自転車を運ぶと良いです。

駐輪場に預けた自転車は、翌日以降、忘れずに取りに来ましょう。

尚、駐輪する際は、自転車に鍵をしっかり掛けることを忘れてはいけません。

できれば、鍵は2つ以上掛けた方が、より盗難防止につながります。

まとめ

自転車は軽車両なので、飲酒運転すると重い罰則が科さられます。

飲酒した場合は、絶対に自転車に乗らないよう気を付けましょう。

「少しぐらいなら良いだろう」そのような甘い考えはNGです。

お酒を飲んだ状態で自転車を運転すると、歩行者などに大きな損害を与える危険性が非常に高まります。

もし歩行者に被害を与えると刑事罰に加えて民事上の損害賠償責任も負うことになるのです。

「飲んだら飲むな、乗るなら飲むな!」この言葉を自分自身に良く言い聞かせ、飲酒運転は絶対にやめましょう。

【サイクリストの管理人からの一言】

飲酒運転だけでなく交通ルールはしっかりと守りましょう。一人一人が心掛けていけば、事故に合う確率はかなり低くなり、楽しい自転車ライフを続けていけます。下記記事では楽しく自転車に乗り続けていくために必要なことをお伝えします。

タイトルとURLをコピーしました