知識

自転車の寿命は何年?寿命(耐用年数)を延ばす方法をアドバイス

「自転車の寿命はいったい何年だろうか」そのような疑問を抱いた事がありませんか。

この世の全ての物には必ず寿命があります。

それは生き物だけではなく、自転車などの製品にも言える事です。

自転車は様々な部品の集合体でできていて、それぞれの部品には耐用年数が設けられています。

特にフレーム素材が自転車の寿命を決定付けますね。

また、消耗品であるタイヤやチェーンは、数年使用していれば交換が必要になります。

自転車は扱い方によっては、寿命を延命できる事をご存じでしょうか。

本記事では、自転車の寿命や寿命の延ばし方についてお話します。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • 自転車の寿命を知りたい
  • 自転車の寿命の延ばし方を知りたい

自転車の寿命を延ばして大切に扱おう

全ての自転車に当てはまる物ではありませんが、自転車の寿命は一般的に10年といわれています。

しかし、常に適切なメンテナンスをしていれば、10年以上も長く乗り続ける事ができる乗り物です。

あらかじめ寿命の延命方法を知っておく事で扱い方も変わってくるでしょう。

自転車を雨ざらしにしておくとサビの原因になったり、紫外線によりタイヤの寿命を縮めたりします。

寿命や耐用年数の延命方法について以下に述べます。

  • 定期的にフレームのメンテナンスを行う
  • 耐久性の高いタイヤを履く
  • 自転車の保管方法に気を遣う
  • 無理な運転はやめる
  • 異常を感じたら乗らない

これら全てを実践して自転車の寿命や耐用年数の延命を図ってみて下さい。

日常の足や旅のお供にも使用できる自転車を末永く乗り続け、素敵な思い出を作りましょう。

【サイクリングのすすめ】

メンテナンスをしっかりと行った自転車でサイクリングへ出かけましょう。下記記事では、サイクリングに適したスポットを紹介します。

自転車の寿命に影響を与える消耗部品とは

自転車は身近な乗り物です。

購入後の自転車は、できる限り長く乗り続けたいと思うのが人情ですね。

自転車を雑に扱っていると寿命は短くなるばかりです。

丁寧にしっかりとメンテナンスを施していれば、信じられないほど長く寿命を延ばせるよ。

タイヤやチェーンなどの消耗部品は、使い続けている内にいずれ壊れて使えなくなります。

以下に述べる自転車の寿命に影響を与えるフレーム素材や消耗部品について詳しくみていきましょう。

  • フレーム素材
  • タイヤ
  • チェーン
  • ブレーキシュー

フレーム素材や消耗部品の寿命を知ろう

フレーム素材の寿命

自転車の屋台骨はフレームです。

フレーム以外の部品は交換可能であるため、フレームの素材が自転車の寿命を決定付けます。

それでは、一般的に使用されている以下の素材の寿命について説明します。

  • アルミ
  • クロモリ
  • カーボン
  • チタン

アルミ素材

アルミは安価で軽く錆びにくい素材ですが、衝撃には余り強くなく折れやすい特徴があります。

また、金属疲労による劣化が起きやすいです。

そのため、耐久年数は2~5年ほどになります。

5年以上使用している場合は注意が必要です。

アルミフレームは、剛性が高く安価なので、多くの人に愛用されてるね。

クロモリ素材

クロモリは非常に頑丈であるため、アルミのような金属疲労による劣化は余り気にしなくても良いでしょう。

そのため長い年月で乗り続ける事ができます

しかし、サビには弱く水に濡れたまま放置しておくとサビが広がり、寿命を縮めてしまいます。

クロモリフレームは、振動吸収性が高く頑丈なため、旅用の自転車に多くの人が使っているよ。

カーボン素材

カーボンはロードバイクでは主流で使用されている素材です。

カーボンは金属ではないため、錆びなくて金属疲労も起こりません。

カーボン繊維を編み込むことで耐久性を高くする事ができます。

しかし、一点に集中した強い衝撃にはとても弱いため取り扱いには注意が必要です。

耐久性自体は高いため10年以上の耐久年数を期待できるでしょう。

カーボンフレームは、振動吸収性が高く素材自体が軽量のため、ロードレースでは大抵カーボンフレームを使っているね。

チタン素材

チタンはクロモリより軽く、クロモリと同じようにしなりやバネ感があり、振動吸収性が高いです。

チタンの含有量により、寿命が変わってきますが、素材の特性によりサビに強く長く扱う事ができます。

10年以上の耐久年数を期待できるでしょう。

こーさん
こーさん

私のロードバイクはチタンフレームですが、既に10年以上乗り続けていて、乗り味は購入当初と余り変わりがありません。

タイヤの寿命

タイヤの寿命は一般的に1~2年程度と言われています。

タイヤの寿命は、走行距離や使用方法により変わってきますので、走行距離を目安にすると良いでしょう。

シティーサイクルでは通勤・通学や買い物に使用しているため、荷物を積載する事が多くタイヤの劣化が大きくなります。

そのため、タイヤの寿命は3,000km~5,000kmになる事が多いと言われています。

ロードバイクやクロスバイクなどのタイヤの寿命も3,000km~5,000kmと言われていますね。

タイヤの種類やメーカーにより走行距離は異なるよ。タイヤを交換するときに確認するといいね。

チェーンの寿命

チェーンの寿命は、タイヤと同じく走行距離が3,000km~5,000kmになる事が多いと言われています。

ほとんど注油せずに使い続けていると寿命は短くなるばかりです。

走行距離が1,000kmを越えたあたりから、少しずつチェーンが伸びたりしますので、チェーンの伸び具合を図る工具(チェーンチェッカー)で計測しましょう。

チェーンチェッカーを持っていない場合は、お近くの自転車ショップで確認してもらえばいいよ。

チェーンが伸びると変速性能が悪くなったり、チェーンが外れやすくなったりして危ないため定期的にチェックをすると安心します。

こーさん
こーさん

チェーンが伸びるとリアギア(スプロケット)の歯が削られてしまい、リアギアまで交換しなければならなくなる事があるよ。チェーンは寿命前に交換することをお勧めするね。

ブレーキシューの寿命

ブレーキシューは、ブレーキの利き具合に影響を与える重要な部品です。

ブレーキシューにはたいてい溝が掘られていますが、その溝の深さが残り1mmになったときが交換の目安です。

走行中にシューが減り過ぎてブレーキが効かなくなると大変危険です。

また、ホイールのリムを傷つけたりする可能性が高いため、やや早めに交換する事をお勧めします。

寿命や耐用年数の延ばし方

定期的にフレームのメンテナンスを行う

自転車の屋台骨であるフレームは最重要であるため、定期的にメンテナンスを行いましょう。

具体的にはフレーム磨きを行ったり、傷やヒビなどおかしな部分がないのか確認を行います。

ヒビが入っている状態の自転車に乗り続けるのは大変危険です。

自分一人でメンテナンスが不安な場合は、自転車ショップへ依頼しよう。

耐久性の高いタイヤを履く

メーカーや使用目的によりタイヤの耐久性は様々です。

なるべく耐久性の高いタイヤを選ぶことで寿命を延ばせます。

タイヤの素材はゴムなので、劣化させない事が大事だね。

クリンチャータイヤをお使いの場合は、自転車へ乗る前にタイヤチューブへ適切な空気を入れましょう。

適切な空気が入っていない状態で乗り続けているとパンクの原因になり寿命を縮めます。

自転車の保管方法に気を遣う

自転車の保管方法により寿命は変化します。

日光の紫外線によりタイヤの寿命を縮めたり、雨ざらしにしておくとサビの原因になります。

紫外線と雨を防ぐだけでも寿命はかなり延びるため、自宅の倉庫や室内で保管するようにしましょう。

自宅の倉庫や室内で保管できない場合は、自転車専用のカバーを用いて紫外線や雨から自転車を守ろう。

無理な運転はやめる

自転車で走行する道路は舗装路だけとは限りません。

砂利道や段差などがある道を走行する場合もあるでしょう。

砂利道や段差などを走行する場合は、タイヤへの負担が大きくパンクへの原因となります。

マウテンバイクのような太いタイヤの場合は、多少の無理は大丈夫ですが、ロードバイクやクロスバイクのような細いタイヤでは、なるべく砂利道や段差などは避けて通る方が安全です。

異常を感じたら乗らない

自転車の走行中にいつもと違う違和感や異音を感じた場合は、乗り続けるのはやめましょう。

無理に乗り続けていると事故の原因にもなり大変危ないです。

違和感や異音を感じた場合は、お近くの自転車ショップへ持ち込みましょう。

自転車を大切に乗り続けましょう

自転車の寿命はフレーム素材や日々のメンテナンスにより変わります。

更に自転車の乗り方や保管方法により多大な影響を受けるのです。

自転車の寿命を延ばす方法を把握して大切に乗り続けましょう。

タイトルとURLをコピーしました