検討・考察・経験

走りを劇的に変えよう、ロードバイクのホイール交換による効果

ロードバイクのホイールを交換して、アップグレードしてみませんか。

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ系自転車では、ホイールを交換すると劇的に走りが変わると言われていますね。

その理由は、ホイールは走りに直接影響を及ぼす部品であり、体感的に効果を感じ取れるからです。

具体的にはどのような効果が発揮されるのでしょうか。気になりますね。

本記事では、ホイールをアップグレードする事で得られる効果についてお話します。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • ホイールをアップグレードする事で得られる効果に興味がある
  • ホイールのアップグレードを検討している
  • 今使っているホイールは走りが重く感じている

ホイールをアップグレードして走りを変えてみよう

ロードバイクを購入した後で、自転車旅やサイクリングを楽しんでいると「もっと速く走りたい」「もっと早く山を駆け上りたい」「もっと遠くへいってみたい」というような事を思ってしまいますね。

ホイールやタイヤは、自転車の足回りを支える部品であるため、ペダルを漕いだ力はホイールやタイヤを通じて地面に伝えます。

基本的にホイールは軽いほど快適に走れますが、高価な物が多いです。

ホイールをアップグレードすると体感的に以下の効果を感じ取れるため、抜群のメリットがあります。

  • 坂道が楽に上れる
  • 巡行速度が上がる
  • 加速がし易い

自転車ショップで入門用のロードバイクを購入すると、ホイールの重量は1.8kg~2kg以上の物が付いている事が多いです。

入門用のロードバイクは、10万以下で購入できるため、最初から付いているホイールのグレードは余り高くないね。

例えば、重量が2kgのホイールを1.5kgのホイールへ交換するだけでも500gの軽量化を図れます。

自転車の足回りを500gも軽量化した効果は大きく、ペダルの漕ぎだしが明らかにホイールを交換する前より回しやすい事に気が付き、その変わりように驚くに違いありません。

ホイールには様々な種類があるため、自分の用途に合ったホイールにアップグレードして、快適な走りを手に入れてみましょう。

ホイールを交換(アップグレード)して得られる効果

坂道が楽に上れる

重力に逆らって上る坂道では、ホイールの重量が軽いほど楽に上れます。

ホイールの軽量化は、坂道に対して絶大な効果を発揮するのです。

硬くてレスポンスの良いホイールへ交換して、リズム良くダンシングで坂道を駆け上ってみると、まるで背中を押されたかのように進んだりします。

坂道を楽に上れると言う事は、疲労の軽減にも役に立ち、自転車旅やロングライドのように長距離を走る場合にも少なからずメリットがありますね。

こーさん
こーさん

軽いホイールは、坂道で推進力が上がるよ。

【自転車の運転技術あれこれ】

ホイールだけでなく、坂道を楽に上るには運転技術も重要です。下記記事では、自転車の運転技術についてお伝えします。

巡行速度が上がる

ホイールの中心部にはハブと呼ばれる部品があり、ホイールの回転性能を決める重要な部品です。

高性能なハブは、ホイールの回転がよりスムーズになったり、空転時の回転抵抗を減少させることができるため、ペダルを漕いだ力を効率良く使えます。

そのため、自転車のスピードを出したり、スピードの維持がしやすいです。

ロードバイクを初めたばかりの内には、ハブの性能までこだわる必要性はありませんが、ハブ内部のグリスが切れると回転性能が悪くなりますので、定期的にグリスアップなどのメンテナンスが大切です。

加速がし易い

軽量なホイールは、自転車が停止している状態からスタートした時のペダルの漕ぎ出しが軽いです。

市街地を走る場合は、信号が多いためストップアンドゴーの繰り返しですが、ペダルの漕ぎ出しが軽いとスタート時の加速が楽になります。

特に上り坂で一時停止した場合、ペダルの漕ぎ出しが軽いとかなり助かりますね。

スポークの本数や形状による効果とは

スポークとは、ハブとリムを繋げている部品です。

基本的にスポークの数が多いほど、地面から受ける力が分散されるため、振動吸収性が高くなり乗り心地は良くなります。

こーさん
こーさん

自転車旅やロングライドのように長距離を長時間走る場合は、スポークの数が多いホイールは有利だよ。

自転車の走行中にホイールは高速回転するため、スポークにも空気抵抗が発生して走行に影響を受けてしまうのです。

そのため、スポークの形状が平べったいエアロスポークを使用すれば、空気抵抗を減らせる効果があります。

エアロスポークは、丸いスポークと比べて横風の影響を受けやすいよ。

また、スポークの数が少ないと、空気抵抗を減らせるため、スピードの向上に役立ちますね。

完組みホイールは、手組みホイールと比べてスポークの数が少ない物が多いため、1本でもスポークが折れた状態で乗り続けていると、荷重に耐えかねて次々とスポークが破断する可能性があります。

ディープホイールのメリットとデメリット

一般的にリムの高さが50mm以上あるホイールをディープホイールといいます。

ディープホイールの最大のメリットは、高速巡行している時、空気抵抗を減らせることです。

ディープホイールで走った場合、40km/h以上で高速巡行していると効果を感じやすいね。

また、リムの高さが高くなるほど基本的に剛性は高くなるため、パワーロスを減らせる効果があります。

そのため、信号の少ない平坦路では、楽に巡行速度を維持しやすく快適に走行できますね。

メリットと呼べるかわからないけど、ディープホイールの見た目はカッコイイね。

ディープホイールのデメリットは、リムの高さが高いためリムの重量が重くなることです。

重いリムは、坂道を上ったり、市街地のような信号が多い場所では向いていません。

また、ディープホイールは前方からの風には強いのですが、トラックなどの大型車に抜かれた時や海沿いの橋を渡る時、横風に煽られバランスを崩してしまう可能性があります。

その他に価格が高いこともデメリットのひとつです。

ディープホイールのリムは、重量を軽くできるカーボンが主流だよ。アルミリムのディープリムもあるけど、メリットよりデメリットの方が大きくなる可能性があるね。

ワイドリムについて

近年、リムの幅が広いワイドリムのホイールが作られています。

ワイドリムは、タイヤの幅が25C以上の太さでなければ取り付ける事ができません。

一昔前は、タイヤの幅は23Cが主流だったね。ワイドリムは23Cは取り付けできないよ。

リムが広くなると言う事は、タイヤの中に入る空気量が多くなり、乗り心地が良くなったり、グリップ性能の向上が図れます。

タイヤの幅が23Cと比べて25Cの方が、地面との接地面が少ないため、摩擦抵抗が少なく進みやすいです。

ただし、ワイドリムは、リムを広くすることにより、重量が増加するというデメリットがあります。

ワイドリムは、リムの重量だけでなく、取り付けるタイヤの幅も広くなるため、更に重量が増えるよ。

特にヒルクライムでは、ホイールやタイヤなどの足回りの重量による影響が大きいため、ワイドリムのホイールは向いていないでしょう。

また、自転車旅やロングライドのように長距離を長時間走る場合は、ワイドリムによる恩恵が期待できます。

こーさん
こーさん

自転車旅やロングライドでは、乗り心地やグリップ力を考慮した方が安定して走れるよ。私も昔は、タイヤ幅を23Cで使っていた時期があったけど、数ヵ月後には25Cに変更したね。

【サイクリングあれこれ】

ホイールやタイヤを変えた後は、サイクリングへ出かけて以前と乗り比べをしてみましょう。下記記事では、サイクリングの最適なスポットを紹介します。

ホイールは軽さが全てではありません

先ほども話した通り、基本的に軽いホイールほど快適に走れます。

しかし、ホイール全体の性能を考えると軽さだけが全てではありません。

自分が利用する用途によっては、軽さ以上に必要な要素が発生します。

平坦路で高速巡行を求める場合は、軽いリムよりもディープリムのようにリムが重い方が、巡航速度の維持がしやすいです。

ヒルクライムで速さを求める場合、人によっては、ホイールの重量よりもレスポンスの良いホイールの方が速く走れる可能性があります。

そのため、ホイールの重量だけで判断するのではなくて、自分が利用する用途によってホイールを選択しましょう。

尚、ホイールを選択するにあたり、ハブの性能やスポークの数、材質、形状など考慮したりしてホイール全体として総合的な判断をすると失敗は少ないです。

ホイールは数万円~数十万円もするフレームの次に高価な部品だね。そのため、自分が求める物をはっきりと認識しておこう。

ホイール選択の失敗は、精神的にダメージが大きいよ。自分だけで決めれない場合は、自転車ショップの店員へ相談すると良いね。

コストパフォーマンスの良いホイールへアッブレードしましょう

ホイールをアップグレードすると、走りの軽さを実感できます。

ロードレースやヒルクライムレースのような1分1秒を争う大会へ参加する場合は、高価で性能が高いホイールは、きっと自分の力がより強く発揮できるでしょう。

しかし、ロードバイクの楽しみは大会へ参加して人と競う事だけではありません。

自分の利用する用途に合わせて、ホイールはアップグレードするべきです。

ホイールは高価な部品なので、お金に余裕がないと簡単に購入するのは困難ですね。

そこで、ホイールにかけたコストと見合う価値があるのかを見極める必要があります。

こーさん
こーさん

私見ですが、自転車旅では、多少重くても頑丈で乗り心地が良く、スポークが1本ぐらい折れても平気で乗り続けられ、修理が容易なホイールの方が、軽いホイールより使い勝手が非常に良いです。これでハブの回転性能が優れていると言う事はありませんね。

例えば、数十万円のホイールを購入して、平坦の速度がいつもより2~3km/h向上したとします。

それが数十万円を払って得られた結果に満足できるのならば、何も問題はありません。

しかし、2~3km/hの速度向上のため、数十万円を払う価値に疑問を感じるならば無理して高価なホイールを購入する必要はないです。

数十万円ではなく、たとえ数万円でも疑問を感じるならば、無理して買う必要はないよ。

ホイールは高価な部品なので、自分の用途に見合い、コストパフォーマンスが良い物を選択した方が幸せになれます。

タイトルとURLをコピーしました