検討・考察・経験

ロードバイクのアルミホイールとカーボンホイールのメリットとは

ロードバイクのホイールは、アルミホイールとカーボンホイールに分ける事ができますね。

材質が異なるため、ホイールの性質にも影響が表れます。

実際に、どちらのホイールを購入しようか迷われた人もいるでしょう。

アルミホイールとカーボンホイールには、どちらもメリットとデメリットがあり、その事を理解した上でホイールを購入しないと、後から後悔するやも知れません。

本記事では、アルミホイールとカーボンホイールのメリットとデメリットについてお話します

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • アルミホイールとカーボンホイールのメリットとデメリットに興味がある
  • ホイールの購入を検討しているので、アルミとカーボンのホイールを比較したい

ホイールは材質により性能に影響を与えます

アルミホイールとカーボンホイールと言っていますが、正確に言うとリムの素材により言い分けていますので、アルミリムとカーボンリムと言った方が正しいでしょう。

こーさん
こーさん

ちなみにスポークの材質には、アルミやカーボン、ステンレスなどがあるよ。

リムの材質違いにより、レースやサイクリング、自転車旅などに多大な影響を与えます。

新しくホイールを購入する場合は、自分が利用する用途にあったホイールを選びましょう。

その際、それぞれのメリットとデメリットを良く理解していれば、迷う事はありません。

多くのメーカーから様々な種類のホイールを販売しているので、自分一人で決めきれない場合は、自転車ショップへ相談すると良いでしょう。

アルミホイールとカーボンホイールのメリットとデメリットをまとめると下表にようになります。

ホイールの種類 メリット デメリット
アルミホイール価格が安い

放熱に強い

剛性が高い
重い

ディープリム化が困難
カーボンホイールエアロ効果がある

軽量
価格が高い

放熱に弱い

アルミリムと比べてブレーキの効きが悪い

ホイールの性能はピンからキリまでありますが、性能の良いホイールには高価な物が多いです。

レース用のホイールは、価格が数十万円もする高価な物が多いけど、サイクリングや自転車旅を楽しむには、そこまで高価なホイールは必要ないね。

基本的にホイールは、軽いほど快適に走り、初めて軽いホイールへアップグレードした時に、以前のホイールと乗り比べしてみるとハッキリと違いが良くわかるでしょう。

特に坂道を駆け上ったり、平坦路で加速する場合に違いが良くわかります。

ロードバイクの足回りを支えているホイールとタイヤは、ペダルを漕いだ力を地面に伝える部品なので、重さの影響がとても大きいです。

単純にホイール自体が軽ければ軽いほど、ペダルは漕ぎ易くなるね。

アルミホイールとカーボンホイールのメリットとデメリットを見極め、用途にあった使い分けを行なうと良いでしょう。

アルミホイールのメリット

価格が安い

アルミホイールは、カーボンホイールと比較して価格が安いです。

1万~3万円ぐらいで購入できるため、できるだけ安くて、そこそこ性能の良いホイールが欲しい場合は、アルミホイールがおすすめです。

こーさん
こーさん

ちなみに私が初めて購入したアルミホイールは2万円ぐらいだったね。ホイールを交換した後で、走りが少し軽くなったのが嬉しかったよ。

尚、アルミホイールでも軽くて性能が高い物は、数十万円はするため、自分が使用する用途と相談して選択していきましょう。

ホイール全体で考えるとアルミリムの他にハブやスポークなどの品質などにより、価格が変わっていくよ。

放熱に強い

ロードバイクのブレーキをかけると、ブレーキシューでリムを挟み込むため、摩擦熱が発生します。

アルミは放熱性に強い材質なため、リムに損傷が起こりにくいです。

剛性が高い

アルミホイールは剛性が高いため、良く進む特徴があります。

剛性が高いと、力の分散を防ぎペダルを漕ぐ力をロスなく地面に伝える事ができるため、良く進むのです。

こーさん
こーさん

力が伝わるのは地面だけでなく、自転車を運転している人の足にも伝わるね。足に負荷がかかるため疲れやすくなるよ。

アルミホイールのデメリット

重い

アルミリムは、カーボンリムと同じリムハイトで比較すると、あきらかに重いです。

アルミは金属の中でも軽い部類に入りますが、リムの大きさになると軽くなる道理がありません。

入門用ロードバイクで最初に装着されているホイールは、重量が2kg以上する物もあり、坂道を上るのが辛いですね。

上位モデルのホイールならば、重量が1.5kg以下の物もありますが高価になります。

重量に関しては、カーボンホイールが有利だね。

ディープリム化が困難

リムハイトが高いディープリムでは、エアロ効果を発揮しやすいですが、ホイール全体の重量が重くなるため、アルミリムのディープリム化は困難です。

重すぎるホイールは誰もが敬遠するね。

そのため、アルミのディープリムを作っているメーカーは余り多くはありません。

エアロ効果に至っては、ホイールだけでなく、フレームなど他の部品もエアロ形状になっていないと効果が薄いと言われています。

カーボンホイールのメリット

エアロ効果がある

カーボンリムの場合は、リムハイトを高くしても軽量に作れます。

そのため、エアロ効果の恩恵を受ける事で、平坦路を高速で駆け抜ける疾走感がたまりません。

ロードレースやタイムトライアルで活躍が期待できます。

【サイクルイベントあれこれ】

カーボンホイールを履いて、サイクルイベントへ参加してみませんか。下記記事では、サイクルイベントに関することについてお話します。

軽量

カーボンは金属に比べて圧倒的に軽いので、軽量なリムを作れます。

その軽さを生かしたディープリムを使用すれば、最適なエアロホイールが誕生しますね。

カーボンホイールの場合、前後輪ペアで1kgの重量を切るホイールがあるため、その軽さが際立ちます。

カーボンホイールは軽いだけでなく、剛性も高いです。

カーボンホイールのデメリット

価格が高い

アルミホイールと違って高価です。

高いホイールになると20万円を越える物が普通に売られています。

近年では、安いカーボンホイールも販売されており、お手頃価格で入手が可能ですね。

中華カーボンホイールでは、価格が約3万円の物があるよ。

放熱に弱い

カーボンホイールは、ブレーキをかけてブレーキシューでリムを挟むと摩擦熱の影響を受けます。

そのため、ダウンヒルでブレーキをかけ続けていると、熱でホイールが変形する可能性がありますね。

カーボンホイールでは、カーボン専用のブレーキシューを使おう。発熱を抑える効果があるよ。

アルミリムと比べてブレーキの効きが悪い

カーボンリムは、ブレーキングによる発熱の影響で、アルミリムに比べてブレーキの効きが悪いです。

初期のカーボンホイールは、今と比べ物にならないくらいブレーキの効きが悪く、今では大幅に改善しているよ。

特に雨天では、ブレーキの効きの影響が顕著に表れます。

ディスクブレーキの登場により、ブレーキングでリムを挟まなくてもスピードのコントロールができるようになり、この問題は解決されました。

アルミとカーボンリムで乗り心地はどう変わるか

アルミホイールとカーボンホイールの乗り心地については、特にどちらか一方が優れているとは言えないです。

リムは、スポークにより張力がかかっているため、リム自体のしなりはそれほど影響はありません。

カーボンは振動吸収性が良いイメージがあるけど、カーボンフレームと違ってカーボンリムには余り関係ないよ。

アルミホイールでもカーボンホイールでも乗り心地が良いホイールは存在しますので、乗り心地については、アルミかカーボンにこだわる必要はないでしょう。

ホイールは用途によって使い分けよう

アルミホイールとカーボンホイールのメリットとデメリットについて紹介しました。

どちらが優れていると言うのではなく、自分の用途にあったホイールを選択すべきです。

例えば、ロードレースなどの大会へ参加する場合は、できるだけ上位を狙うならばカーボンホイールの軽さやエアロ効果は、大きな武器になります。

普段使い用ならば、ブレーキによる放熱を気にしなくて良いアルミホイールの方が無難です。

それぞれのホイールのメリットとデメリットを良く理解して、自分の用途にあったホイールを選択しましょう。

タイトルとURLをコピーしました