知識

本当にあるの!自転車の走行中にタイヤがリムから外れる現象とは

「自転車の走行中にタイヤが外れてしまう」という話を聞いたことがありますか。

私が初めてその話を聞いた時は、「嘘だー、そんなこと有り得ないでしょう」と思ったものです。

恐らく同じように感じる方も多いと思います。

実は、滅多にあることではありませんが、本当にタイヤが外れてしまうという。

もしそんなことが、突然現実に起こってしまえば、事故に発展する可能性が高く、かなり危険と言えるでしょう。

けれど、原因さえ知っておけば対策は立てられますのご安心下さい。

本記事では、タイヤがリムから外れる原因と対策について説明します。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • タイヤがリムから外れる原因と対策を知りたい
  • タイヤが外れた状態で乗り続けるとどうなるのか知りたい

タイヤが外れる原因は様々、対策が困難な場合もある

タイヤ

一般的に使用しているタイヤは、タイヤの内側にチューブが入っているクリンチャータイヤです。

クリンチャータイヤでは、チューブ内に空気が充満しており、その空気の力でタイヤのビード(耳)が外に張り出してホイールの溝に密着するようになっていますね。

理論上、チューブ内に空気が十分入っていればタイヤがリムから外れる事はありません。

反対に言えば、チューブ内に空気が十分に入っていないと、タイヤが外れる可能性があると言うことだね。

自転車に乗る前に空気圧の確認をしていれば、気にする必要はありませんが、空気が入っていない状態で通勤・通学やサイクリングなどに出かけると、空気圧が低すぎてパンクの原因になります。

このパンクした状態で、自転車に乗り続けているとリムからタイヤが抜けてしまうのです。

パンク以外にもタイヤが外れてしまう原因がありますので、以下に主な原因をまとめました。

  • パンクが原因
  • タイヤの製造不良
  • タイヤとリムの寸法精度が悪い

それぞれの原因と対策については後述しますが、この内「タイヤの製造不良」と「タイヤとリムの精度寸法が悪い」は個人では対策が難しい。

しかし、ある程度の見極めはできますよ。

もし私がこれらの原因でタイヤが外れてしまえば「ふざけるな!」と絶叫するかも。(笑)

しかし、頭では理由が分かっているので、冷静に対応するだろうと思います。

もし、あなたが乗車している自転車のタイヤが突然外れてしまったら、そのまま乗り続けるのは、重大事故を引き起こすかもしれないので、早急に乗るのをやめましょう。

そして冷静に対応することをお勧めします。

自転車の走行中にタイヤが外れる原因と対策

パンクが原因

パンクによって、チューブから空気が抜けるとチューブが萎みます。

この事から、タイヤのビードがホイールの溝から外れてしまうとタイヤが外れやすい状態になり、衝撃の強さによっては、タイヤがリムから外れてしまうのです。

タイヤが外れやすい状態とは、かなりの空気が抜けている事が考えられるね。そんな状態で、自転車を走らせると危ないよ。

パンクした状態でも自転車の走行は可能なため、そのまま乗り続けていると最終的には、タイヤが外れてしまう危険性がある事を理解しておきましょう。

尚、タイヤの空気が抜けている状態では、自転車の走りが重く乗り心地も悪いですよ。

パンクは、適切な空気量の調整と自転車の走る環境や扱い方次第で回避する事は十分可能であるため、リムからタイヤが外れる可能性をほぼゼロにできます。

タイヤの製造不良

タイヤの中には、製造不良などで品質が悪い物が紛れている可能性があるため注意が必要です。

新品のタイヤの中には、可能性は低いですが一部ビードが剥がれている物があることも。

そのようなタイヤをホイールに装着して自転車を運転していると、タイヤの中からチューブがはみ出しパンクやタイヤが外れる原因になります。

つまり、新品のタイヤを購入した時は、ビードが剥がれていないか良く確認することが対策になりますね。

タイヤとリムの寸法精度が悪い

通常、リムもタイヤも規格品で寸法が決まっているため、不良品や使い方に誤りが無い限りタイヤが外れる事はありません。

残念なことに品質の悪い製品はどこの世界にも存在していて、工具などを使わずに簡単にリムへタイヤが装着できる場合は、タイヤが大きいか、リムがが小さい可能性があります。

この場合、タイヤ内のチューブの空気が抜けると簡単にタイヤが外れ危険です。

つまり、対策はそんなタイヤを使わないことに限ります。

タイヤが外れた状態で走るとどうなるのか

平坦路

タイヤの内側には、ビードと呼ばれるところにはワイヤーが入っています。

尚、ワイヤーは、通常ゴムに包まれているため見えません。

タイヤが外れた状態の自転車で走行していると、ゴムが切れてワイヤーが露出してきます。

そのまま乗り続けていると、切れ目がだんだんと広がり、切れ目からチューブが飛び出してパンクやタイヤのバーストが起こる可能性が高くなりますね。

タイヤのバーストが起こると、安全に走行する事は不可能なので、タイヤとチューブ交換が必要です。

タイヤとチューブ交換で事が済めばまだましな方で、長い距離をタイヤが外れた状態で走行していると、リムそのものが歪んだり、傷ついたりして最悪ホイール自体を交換する羽目に陥るかも知れません。

パンクに備えてパンク修理セットは用意しておこう

これまでのお話で、自転車旅やサイクリングの最中にパンクしてしまい、そのまま放置して乗り続けているとタイヤが外れる可能性があることは理解できたと思います。

そこで、予めパンク修理用キット一式は持参しておきましょう。

具体的には、以下の物をツールケースやサドルバックに入れて自転車へ装着しておけば対応できます。

  • タイヤレバー
  • 予備チューブ(前後のタイヤ用に2本は用意)
  • 空気入れ(又はCO2インフレーター)
  • 紙やすり
  • ゴムのり
  • パッチ

上記の道具に予備タイヤがあれば更に良いけど、タイヤは嵩張るため無理に持参する必要はないね。

個人的には、旅先でパンクした場合、チューブ交換を行う方が簡単で確実に対応ができて時間の節約になるためお勧めです。

もし、予備チューブやパッチなどを全て使い切った状態でパンクした場合は、自転車を手押して自転車ショップへ向かうか、タクシーなどを呼んで最寄りの自転車ショップへ向かいましょう。

タイヤが外れる事は滅多にありません

本記事では、タイヤが外れる原因についてお話しました。

主にパンクして空気が大量に抜けた状態で、自転車へ乗り続けているとタイヤが外れる可能性があることが理解できたと思います。

タイヤが外れる事はよっぽどの事であり、タイヤが外れるまでには、大量の空気が抜けているため、自転車の乗り心地は非常に悪く、気が付かないはずがありません。

そのため、パンクしたら早急に対応できるよう常にパンク修理道具一式を備えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました