知識

自転車のホイールの規格「700C」とは何か、特徴を紹介

普段からロードバイクに乗っている方にとっては、ホイールのサイズが「700C」と言う事をご存じの方が多いでしょう。

日常の足として昔から幅広く使われているシティーサイクル(ママチャリ)のホイールは、26インチや27インチが一般的ですが、「700C」と何が違うのでしょうか。

実は、昔にロードバイクでも27インチのホイールが使われていた時期がありました。

本記事では、ホイールの規格「700C」についてお伝えし、ロードバイクに採用される理由がわかります。

本記事は、以下に該当する人向けです。

  • ホイールサイズの700Cに付いて興味がある
  • 700Cの特徴について知りたい

ロードバイクのホイールは「700C」が主流です

ロードバイクやクロスバイクのホイールは、標準サイズが「700C」とほぼ決まっています。

ロードバイクやクロスバイクは、主に舗装路を快適に走る事が重要視されているため、大きな外径でスピードを維持しやすく、地面から受けるショックを抑制できる700Cが選ばれた訳です。

ホイールサイズは700C以外にも650C、650Bもあるね。

ロードバイクは、ヨーロッパが本場であるため、欧米人向けのサイズで作りがちですね。

日本人の平均身長は、欧米人と比べて5cmほど低いと言われていますが、そのため小柄な日本人には、700Cが合わない人もいます。

小柄な人には、650Cや650Bが良いかもね。

自転車の種類によっては、以下のように様々な大きさのホイールが乱立しています。

自転車の種類主なホイールサイズ
ロードバイク700C
クロスバイク700C
マウンテンバイク26インチ、27インチ、29インチ、27.5インチ
シティーサイクル(ママチャリ)26インチ、27インチ
小径車、折りたたみ自転車16インチ、18インチ、20インチ

ロードバイクやクロスバイクは、スポーツ系自転車として最も生産台数が多いため、規格が乱立するとメーカーやユーザーが混乱する原因になる訳です。

そのため、ロードバイクやクロスバイクのホイールサイズは「700C」と覚えておけば良いでしょう。

700Cの「700」や「C」の意味は

700Cの「700」は、外径が700mmと言う意味です。

ホイールの外径ではなく、ホイールにタイヤを装着した状態で、車輪全体の外径が700mmになることを表しています。

近年は、タイヤの幅が以前より小さくなっているため、実際は700mmより小さい事が多いです。

例えば、「700×23C」の場合は、ホイールにタイヤを装着した時の直径が67mm程度であり、700mmと比べて30mmも小さくなっています。

外径が700mmと言ったら、ほとんど27インチだね。(27インチ=685.8mm)

700Cの「C」は規格の種類を表す記号です。

決して「cm」の「c」ではありません。

かつてはリム幅によって、700Aや700B、700Dなどの規格も存在していましたが、今ではなくなり700Cだけが残っています。

グラベルロードでは、タイヤのエアボリュームが大きい650Bが利用されたりするね。

ロードバイクやクロスバイクのタイヤサイズは、「700×〇〇C」と表記される事が一般的です。

例えば、タイヤ幅が25mmの場合では、「700×25C」と表記されます。

700Cの特徴

ホイールの直径が大きいほど、ペダルを一回転させた時に進む距離が長くなります。

更にスピードの維持がし易いため、もともとは競技用の自転車であったロードバイクと相性はバッチリです。

また、直径が大きいと言う事は、地面から車体までの距離が長くなるので、地面から受けるショックを抑える効果が期待できます。

これらの事をまとめると以下になります。

700Cの特徴

  • ペダルを一回転させた時に進む距離が長い
  • スピードの維持がし易い
  • 地面から受けるショックを抑える事ができる

なぜ、ロードバイクに700Cが採用されるのか

先ほどお話した「700Cの特徴」より、ロードバイクと相性が抜群に良く、舗装路を颯爽に駆け抜ける事ができます。

ペダルの漕ぎだしの重さは、変速機のギアを変える事で軽くできるため、特に問題にはなりません。

ペダルを一回転させた時に進む距離が長く、スピードの維持がし易い700Cの恩恵は、ロードレースやロングライドで十分に発揮されます。

長距離を走るロードレースやロングライドでは、地面からのショックを抑える効果も見過ごせませんね。

また、小径車のように小回りが利く必要はありません。

このため、700Cはロードバイクやクロスバイクに適していると言えるでしょう。

700Cと27インチは同じではありません

1980年前半は、ロードバイクではシティーサイクルと同じく27インチのホイールが利用されていました。

27インチをmmに換算すると685.8mmになります。

1インチは25.4mmです。

700Cは直径700mmなので、27インチとは14.2mmしか変わりません。

この程度でしたら「互換性があるのでは」と思われるかも知れませんが、結論から言うと互換性はありません。

これは、タイヤとリムの標準規格であるETRTO(エトルト)より判断できます。

ERTROは、欧州におけるタイヤとリムの標準規格で「European Tyre and Rim Technical Organisation」の略です。

タイヤの内径は、700Cの場合は622mm、27インチの場合は630mmとなっているため、互換性がないと判断できます。

ホイールにタイヤをはめるリム規格

ホイールにタイヤをはめる規格は複数あります。

昔からイギリスやフランスで採用されていたのが、WO(ワイヤードオン)と言う規格で、アメリカで採用されていた規格がHE(フックドエッジ)です。

ロードバイクやクロスバイクの主流ホイール「700C」は、ほとんどWOだね。

この2つの規格をまとめると下表になります。

規格名採用されている主な自転車の種類
WO(Wired-On)ロードバイク、クロスバイク、シティーサイクル
HE(Hooked-Edge)マウンテンバイク、BMX

WOの規格は、イギリス用とフランス用に更に分かれていて、ロードバイクはフランス規格、シティーサイクル(ママチャリ)はイギリス規格です。

フランス規格ではサイズの単位はmmだよ。イギリス規格のサイズの単位はインチだね。

尚、WOとHEの2つの規格には、互換性はありません。

従って、ロードバイクとクロスバイクのホイールサイズは同じ700Cであり、リム規格も同じWOに属しているため、お互いに同じホイールが利用可能になります。

クロスバイクにロードバイクのホイールを装着して、アップグレードできるね。

ロードバイクで颯爽と舗装路を走ろう

700Cのホイールは、競技用バイクとして発展してきたロードバイクで活用されてきました。

今現在も多くのホイールメーカーが、独自の技術力をしのぎ、高性能のホイールを世に出しています。

今後もこの流れは変わらないでしょう。

同じホイールでも材質やリムハイト、転がり抵抗、溶接方法などにより、性能が異なります。

また、ホイールは直接地面と接触するタイヤを常に支え、最も空気抵抗を受け易いため、自転車の重要パーツの一つであり、各メーカーの腕の見せ所です。

近年の自転車ブームにより、スポーツ系自転車の乗り手は昔と比べて格段に増えています。

700Cの大きなホイールを装着したロードバイクやクロスバイクが、舗装路を颯爽と駆け抜け、魅力ある自転車ライフを誰しもが楽しめる時代になっているのは喜ばしい限りです。

700Cのホイールは、スピードが維持し易いため、スピードの出し過ぎには注意して、安全運転に努めましょう。

【サイクリングのすすめ】

700Cのホイールを装着したロードバイクやクロスバイクで、サイクリングに出かけてみましょう。下記記事ではサイクリングに適したスポットを紹介します。

タイトルとURLをコピーしました